量子バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

量子バスとは、量子コンピュータ内の独立したキュービット間の情報を蓄積、転送したり、2つのキュービットを組み合わせ重ね合わせ状態を構成することができるデバイスである。このコンセプトはイェール大学の研究者によって実証された。[1][2] これらの発表に先立って、NISTの科学者達によって量子コンピュータのアーキテクチャにおける基本的な構成品としてその可能性が提唱されていた。[1]

参考文献[編集]

  1. ^ J. Majer; J. M. Chow, J. M. Gambetta, Jens Koch, B. R. Johnson, J. A. Schreier, L. Frunzio, D. I. Schuster, A. A. Houck, A. Wallraff, A. Blais, M. H. Devoret, S. M. Girvin & R. J. Schoelkopf (2007-09-27). “Coupling superconducting qubits via a cavity bus”. Nature 449 (7161): 443–447. doi:10.1038/nature06184. PMID 17898763. http://arxiv.org/abs/0709.2135 2008年12月12日閲覧。. 
  2. ^ A. A. Houck; D. I. Schuster, J. M. Gambetta, J. A. Schreier, B. R. Johnson, J. M. Chow, L. Frunzio, J. Majer, M. H. Devoret, S. M. Girvin & R. J. Schoelkopf (2007-09-20). “Generating single microwave photons in a circuit”. Nature 449 (7160): 328–331. doi:10.1038/nature06126. PMID 17882217. http://arxiv.org/abs/cond-mat/0702648 2008年12月12日閲覧。.