野瀬清喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
オリンピック
1984 ロサンゼルス 86kg級
世界柔道選手権
1981 マーストリヒト 86kg級
1983 モスクワ 86kg級

野瀬 清喜(のせ せいき、1952年8月10日 - )は元柔道選手。新潟県京ヶ瀬村(現阿賀野市)出身。ロサンゼルスオリンピック男子柔道86kg級銅メダル。身長176cm[1]

略歴[編集]

現在、埼玉大学柔道部総監督

  • 文部省スポーツ功労賞 
    • 1984年(ロサンゼルスオリンピック銅メダル)
    • 1992年(バルセロナオリンピック銀メダル、溝口紀子の指導者として)
    • 1996年(アトランタオリンピック、指導者として)
    • 1996年埼玉文化賞
    • 2005年(世界ジュニア、池田ひとみの指導者として)

 

主な戦績[編集]

中量級での戦績

86kg級での戦績

指導者としての記録[編集]

埼玉大学では、溝口紀子長井淳子天尾美貴岡崎綾子などを育てた。とりわけ溝口に対しては高校時代から夏休みになると自宅に寝泊りさせ、家族の一員のように扱って熱心な指導を行っていた[2]

オリンピックにおける解説者としての経歴[編集]

 家族 [編集]

息子の英豪も柔道選手。埼玉大学教育学部卒業。現在は埼玉大学柔道部監督。 国際大会での活躍もあるがオリンピックや世界選手権代表にはなれなかった。 2006年9月現在、強化指定選手ではなくなっているため現役引退したものと思われる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Biography and Olympic Results
  2. ^ 「シリーズ ザ・監督」近代柔道 ベースボールマガジン社、1989年9月号、30-33頁

外部リンク[編集]