野瀬清喜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
オリンピック
1984 ロサンゼルス 86kg級
世界柔道選手権
1981 マーストリヒト 86kg級
1983 モスクワ 86kg級

野瀬 清喜(のせ せいき、1952年8月10日 - )は元柔道選手。新潟県京ヶ瀬村(現阿賀野市)出身。ロサンゼルスオリンピック男子柔道86kg級銅メダル。身長176cm[1]

略歴[編集]

現在[いつ?]、埼玉大学柔道部総監督

  • 文部省スポーツ功労賞 
    • 1984年 (ロサンゼルスオリンピック銅メダル)
    • 1992年 (バルセロナオリンピック銀メダル、溝口紀子の指導者として)
    • 1996年 (アトランタオリンピック、指導者として)
    • 1996年 埼玉文化賞
    • 2005年 (世界ジュニア、池田ひとみの指導者として)

主な戦績[編集]

中量級での戦績

86kg級での戦績

論文[編集]

  • 国際柔道連盟による戦略的改革」(野瀬英豪・野瀬清喜・三戸範之), 国際経営・文化研究 Cross-cultural business and cultural studies 16(2), 45-56, 2012
  • 「コーチの立場からコーチ学を考える」, 現代スポ-ツ評論 (17), 80-85, 2007
  • 「大学指導者の立場から (シンポジウム2 よいコーチとは? コーチングにもとめられているもの)」, トレ-ニング科学 13(3), 115-119, 2002
  • 「女子柔道選手に対する栄養サポート」(奈良典子・杉浦克己・目崎登・木村昌彦・村松成司・野瀬清喜・山本洋祐山口香・出口達也), 体力科學 46(6), 805, 1997
  • 「国際試合出場柔道選手の戦績分析 ―パーソナリティ傾向との関連について」(船越正康・山下泰裕斉藤仁・野瀬清喜・高野裕光中西英敏西田孝宏越野忠則岡田弘隆), Research Journal of Budo 30, 74-74, 1997
  • 「過去10年間の世界柔道大会における組み方と姿勢の変化について」(溝口紀子・野瀬清喜・木村昌彦・長井淳子), Research Journal of Budo 30, 4-4, 1997
  • 「女子柔道選手の無酸素パワーについて(その7)」(柳沢久・村松成司・鮫島元成・野瀬清喜・春日俊・森脇保彦・木村昌彦), Research Journal of Budo 29, 49-49, 1996
  • 「女子柔道選手の競技レベルと腹筋との関係」(今泉哲雄・野瀬清喜・木村昌彦・村松常司・高橋邦郎・浅見高明), Research Journal of Budo 27, 24-24, 1994
  • 「女子柔道選手の脚伸筋群および脚屈筋群が競技力へ及ぼす影響 -筋量(MRI)と等速性最大筋力を指標として」(今泉哲雄・西嶋洋子・江橋博・野瀬清喜・星永), 日本体育学会大会号 (44A), 325, 1993
  • 「女子柔道選手における現代武道への志向性と攻撃性について」(尾形敬史・吉田昭久・柳沢久・鮫島元成・松村成司・野瀬清喜・森脇保彦), Research Journal of Budo 23(2), 184-185, 1990
  • 「等速性筋出力からみた高校生柔道選手の体力特性について」(木村昌彦・今泉哲雄・野瀬清喜・菅原正明・高橋進・吉鷹幸春・小沢雄二・中村一成), Research Journal of Budo 23(2), 103-104, 1990
  • 「等速性筋出力,有酸素作業能力からみた一流および大学柔道選手の体力特性」(今泉哲雄・江橋博・野瀬清喜・木村昌彦), Research Journal of Budo 21(2), 45-46, 1988
  • 「一流柔道選手の軌跡調査 (3) ―スポーツ活動の流れ及び競技実績の変化」(青柳領・小俣幸嗣・貝瀬輝夫・中村良三・小野沢弘史・野瀬清喜), Research Journal of Budo 21(2), 41-42, 1988
  • 「全日本柔道選手権大会における競技分析」(辻原謙太郎・野瀬清喜・木村昌彦・三戸範之・高橋富士男), Research Journal of Budo 21(2), 39-40, 1988
  • 「全日本女子柔道選手権大会における競技分析」(木村昌彦・辻原謙太郎・野瀬清喜・森脇保彦・藪根敏和), Research Journal of Budo 21(2), 115-116, 1988
  • 「柔道試合における攻撃動作の競技分析的研究」(野瀬清喜・辻原謙太郎・柳沢久・木村昌彦), Research Journal of Budo 21(2), 113-114, 1988
  • 「女子柔道選手の体重の安定期について」(鮫島元成・柳沢久・尾形敬史・村松成司・野瀬清喜・森脇保彦), Research Journal of Budo 21(2), 107-108, 1988
  • 「柔道試合における競技分析的研究」(辻原謙太郎・井浦吉彦・野瀬清喜・竹内善徳), Research Journal of Budo 21(1), 13-20, 1988
  • 「柔道試合における競技分析的研究」(辻原謙太郎・野瀬清喜), 日本体育学会大会号 (38A), 334, 1987
  • 「柔道試合・ビデオ記録管理システム」(青柳領・小俣幸嗣・松永義雄・尾形敬史・野瀬清喜), Research Journal of Budo 18(3), 39-46, 1986
  • 「ビデオ柔道試合記録管理システム」(青柳領・尾形敬史・松永義雄・小俣幸嗣・野瀬清喜), Research Journal of Budo 18(2), 141-142, 1985
  • 「柔道選手の得意組み方からみた等速性筋出力」(今泉哲雄・野瀬清喜・江橋博・木村昌彦), Research Journal of Budo 18(2), 123-124, 1985
  • 「巻込技の衝撃の比較検討」(松井勲・浅見高明・広瀬伸良・川村禎三・石島繁・野瀬清喜), Research Journal of Budo 17(1), 47-48, 1985
  • 「柔道試合の競技分析に関する一考察」(野瀬清喜・竹内善徳・辻原謙太郎・木村昌彦・川村禎三・中村良三・松井勲), Research Journal of Budo 16(1), 160-161, 1984
  • 「柔道選手の平衡能力の分析 ―崩しに対するバランス制御」(木村昌彦・浅見高明・中村良三・高野裕光・川村禎三・竹内善徳・松井勲・野瀬清喜), Research Journal of Budo 16(1), 121-123, 1984
  • 「柔道投技の研究 ―足底力より見た『構え』『崩し』『作り』『掛け』について」(野瀬清喜・川村禎三・竹内善徳・山崎俊輔), Research Journal of Budo 14(1), 51-64, 1981
  • 「大学柔道部員の性格特性に関する研究」(小野沢弘史・佐藤宣践・野瀬清喜・小俣幸嗣・松永義雄), Research Journal of Budo 13(2), 68-69, 1981
  • 「柔道選手の試合期におけるコンディショニングについて」(野瀬清喜・川村禎三・辻原謙太郎), Research Journal of Budo 11(2), 62-63, 1978

指導者としての記録[編集]

埼玉大学では、溝口紀子長井淳子天尾美貴岡崎綾子などを育てた。とりわけ溝口に対しては高校時代から夏休みになると自宅に寝泊りさせ、家族の一員のように扱って熱心な指導を行っていた[2]

オリンピックにおける解説者としての経歴[編集]

家族[編集]

息子の英豪も柔道選手。埼玉大学教育学部卒業。現在は埼玉大学柔道部監督。 国際大会での活躍もあるがオリンピックや世界選手権代表にはなれなかった。 2006年9月現在、強化指定選手ではなくなっているため現役引退したものと思われる。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Biography and Olympic Results
  2. ^ 「シリーズ ザ・監督」近代柔道 ベースボールマガジン社、1989年9月号、30-33頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]