野村喜和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野村喜和夫(のむら きわお、1951年10月20日- )は、日本の詩人。「歴程」同人。

人物[編集]

埼玉県入間市に生まれる。早稲田大学第一文学部日本文学科卒業。明治大学大学院仏文学専攻博士課程中退。明治大学非常勤講師など、50歳までフランス語教師を務めた。1993年詩集『特性のない陽のもとに』で歴程新鋭賞受賞、2000年『風の配分』で高見順賞受賞、2003年『ニューインスピレーション』で現代詩花椿賞受賞。2012年『萩原朔太郎』『移動と律動と眩暈と』で鮎川信夫賞受賞。同年、『ヌードな日』、『難解な自転車』、英訳詩集『スペクタクルそして豚小屋』で、第50回藤村記念歴程賞を受賞。

2008年度現在、右記の大学で文学を講じている(一橋大学(レトリック論)、早稲田大学(言語表象論)、跡見学園女子大学(日本語作詩法)、明治大学(フランス文学特殊講義(フランス詩を読む))。 フランス現代思想、とりわけドゥルーズガタリの文学理論を日本の現代詩批評に援用し、精緻な文学批評を行うなど、文芸批評家でもある他に、俳優として映画にも出演している。

妻はフラメンコ・ダンサーの野村眞里子。2011年に現代詩とダンスの振興発展を目指す一般財団法人エルスールを設立し、妻とともに「エルスール財団新人賞」を運営している[1]

詩集[編集]

  • 川萎え(一風堂、1987)
  • わがリゾート(書肆山田、1989)
  • 反復彷徨(思潮社、1992)
  • 特性のない陽のもとに(思潮社、1993)
  • 長篇詩 平安ステークス(矢立出版、1995)
  • 現代詩文庫 野村喜和夫詩集(思潮社、1996)
  • 草すなわちポエジー(書肆山田、1996)
  • アダージェット、暗澹と(思潮社、1996)
  • 風の配分(水声社、1999)
  • 狂気の涼しい種子(思潮社、1999)
  • 幸福な物質(思潮社、2002)
  • ニューインスピレーション(書肆山田、2003)
  • 街の衣のいちまい下の虹は蛇だ(河出書房新社、2005)
  • スペクタクル(思潮社、2006)
  • 稲妻狩(思潮社、2007)
  • plan14(本阿弥書店、2007)
  • 言葉たちは芝居をつづけよ、つまり移動を、移動を(書肆山田、2008)
  • ZOLO(思潮社、2009)
  • ヌードな日(思潮社、2011)
  • 難解な自転車(思潮社、2012)
  • 芭(塔(把(波(左右社、2013)

訳詩集[編集]

  • Spectacle & Pigsty: Selected Poems of Kiwao Nomura (Omnidawn Pub、2011)

評論・エッセイ[編集]

  • ランボー・横断する詩学(未來社、1993)
  • 散文センター(思潮社、1996)
  • 21世紀ポエジー計画(思潮社、2001)
  • 金子光晴を読もう(未來社、2004)
  • 現代詩作マニュアル 詩の森に踏み込むために(思潮社(詩の森文庫)、2005)
  • ランボー『地獄の季節』 詩人になりたいあなたへ(みすず書房、2007)
  • オルフェウス的主題(水声社、2008)
  • 詩のガイアをもとめて(思潮社、2009)
  • 移動と律動と眩暈と(書肆山田、2011)
  • 野村喜和夫のポエジー夜話(2008 より Web 上で継続的に掲載(1ヶ月に2回程度更新))[2]
  • 萩原朔太郎 (中央公論新社〈中公選書〉、2011)

共編著[編集]

  • 討議戦後詩 詩のルネッサンスへ(城戸朱理共著、思潮社、1997)
  • 入沢康夫の詩の世界 城戸朱理共編 邑書林 1998.4
  • 討議・詩の現在(城戸朱理共著 思潮社、2005)
  • 渦巻カフェあるいは地獄の一時間(北川健次共著 思潮社、2013)
  • 金子光晴 デュオの旅(鈴村和成共著 未来社、2013)
  • ゆるゆる人生のみつけかた(鈴村和成共著 言視舎、2014)

翻訳[編集]

  • ピエール・プチフィス『ポール・ヴェルレーヌ平井啓之共訳(筑摩書房、1988)
  • 『海外詩文庫 ヴェルレーヌ詩集』(訳編)(思潮社、1995)
  • ドゥーボ編『フランス現代詩アンソロジー』(共訳)(思潮社、2001)
  • ユイスマンス『神の植物・神の動物 J.K.ユイスマンス『大伽藍』より』(八坂書房、2003)

出演[編集]

映画[編集]

  • 浮雲(2008年)
  • 絵のない夢(2011年)

脚注[編集]


参照文献[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]