野木駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
野木駅
西口(2007年5月)
西口(2007年5月)
のぎ - Nogi
古河 (4.7km)
(3.9km) 間々田
所在地 栃木県下都賀郡野木町大字丸林322
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 東北本線宇都宮線
キロ程 69.4km(東京起点)
上野から尾久経由で66.0km
電報略号 ノキ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
5,350人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1963年昭和38年)2月16日
備考 業務委託駅
東口(2007年5月)

野木駅(のぎえき)は、栃木県下都賀郡野木町大字丸林にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)東北本線である。

宇都宮線」の愛称区間に含まれており、上野駅発着系統と、新宿駅経由で横須賀線に直通する湘南新宿ラインが停車する。

指定席券売機が設置されている。

栃木県最南端の駅。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地上駅橋上駅舎を有する。

JR東日本ステーションサービスが業務を受託する業務委託駅であり、自動券売機指定席券売機(営業時間 5:30 - 23:00)、Suica対応自動改札機が設置されている。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 宇都宮線(東北線) 下り 小山宇都宮黒磯方面
2 宇都宮線(東北線) 上り 大宮上野新宿横浜大船方面
湘南新宿ライン含む)

湘南新宿ラインの列車は前述のように横須賀線へ直通する。本項では湘南新宿ラインのラインカラーを青で示すが、実際のホーム案内はすべてオレンジのみ用いられている。

発車メロディ[編集]

1番線は「シンコペーション」。2番線は「see you again」。 過去には、ムーンリバーと浜千鳥が使用されていた(ムーンリバーは現在、北小金駅のみの使用)。

利用状況[編集]

  • 2011年度の1日平均乗車人員は5,414人である。
乗車人員推移
年度 1日平均乗車人員
2000 6,317
2001 6,228
2002 6,141
2003 6,172
2004 6,139
2005 6,051
2006 5,996
2007 5,923
2008 5,891
2009 5,741
2010 5,579
2011 5,414
2012 5,350

駅周辺[編集]

歴史[編集]

その他[編集]

  • かつて1980年代まで走っていた客車による普通列車は当駅と東大宮駅を通過していた。いずれも戦後になって開設された新駅である点が共通している。なお客車による普通列車が存在していた当時は土呂駅新白岡駅東鷲宮駅自治医大駅は未開設であった。
  • 東北新幹線開業以前は優等列車や貨物列車が多くダイヤが過密であったため、当駅の古河寄り上下線間に、貨物列車待避用の中線が設けられていた。現在では撤去されているが、今も上下線間に中線跡の細長い空き地が存在する。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
宇都宮線
通勤快速・快速「ラビット」・湘南新宿ライン快速
通過
普通・湘南新宿ライン普通
古河駅 - 野木駅 - 間々田駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]