野暮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

野暮(やぼ)とは、洗練されていない様を表す語である。「いき」の反対の形容である。

語源[編集]

903年延喜3年)、武蔵国に谷保天満宮(やぼてんまんぐう)が建てられた。この神社は東日本最古の天満宮であり、「野暮」「野暮天」や「やぼったい」の語句が出来たとされる説がある。また、田舎者を意味する「野夫」を語源とする説がある(後述の「#落語・川柳」や「#奥の細道」とも合致する)。

落語・川柳[編集]

地方出身のは、落語川柳などで浅黄裏と呼ばれ、江戸っ子からは野暮の代表ともされた。

奥の細道[編集]

奥の細道で、「野夫(田舎者事であり「野夫」は「やぶ」とも読む)といへども、さすがに情け知らぬにはあらず」と読まれている。このように「いき」の一つとされる「情け」の反対語と関連付けられており、語源の可能性もあるが定かとはなっていない。

現代における野暮・いき[編集]

野暮という形容は、派手な服装、金銭への執着、くどくどしい説明などについて用いられる。また、(機能美までに至らない)非実用的で表面的な見栄えの重視、ブランドへの無批判な信仰と依存も野暮といえる。時代遅れのファッションは、いまだレトロとみなされない場合は、野暮と見られる。キッチュは、俗悪という点では野暮に類似した面もあるが、「奇妙さ」が徹底しており、突き抜けている点において、かえって肯定的な美的評価がされることがある。しかし、レトロやキッチュと混同されていないかぎり、野暮であること自体に肯定的な美的評価がされることはない。江戸時代の感覚では、くどくどしい場合は「気障(きざ)」を使う。

デザインの観点[編集]

デザイン的に、「わかりやすいこと」が野暮とみられることもある。たとえば、ファッション性を重視する電子機器では、ボタン類をあえて小さくデザインすることがある。このような傾向に対して、高齢者を対象とし、野暮ったくなることを承知の上で、あえて「わかりやすさ」を優先させたデザインもラジオ、携帯電話などがあげられる。

外国語[編集]

日本には「日本語が野暮」で外国語が格好いいという意識を持つ人がいる。これは異文化を「いき」とする傾向が、拡大されたと考えられる。例として、車をはじめとするあらゆる製品名でカタカナ語を使う傾向にみられる(外国映画のタイトルなどはその最たる例である)。このような製品では、ボタンの名称などでも日本語を使わず、(その必然性がないにもかかわらず)欧米語などを使っている。

具体例[編集]

  • 本来は無用な看板や宣伝を、必要以上に行う。
  • 規則に固執する役人根性 <=> 「いき」な計らい
  • (特に男女間の関係への第三者的関与での)配慮の欠如
  • 「おや、お出かけですか?」という問いに、「いや、野暮用で…」と答えることがある。こうした場合、重ねて「野暮用って?」などと聞くのはそれこそ野暮である。
  • 過剰な準備や多機能 <=> シンプルな所持品

関連項目[編集]