重水素化水素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
重水素化水素
識別情報
CAS登録番号 13983-20-5 チェック
PubChem 167583
ChemSpider 146609 チェック
EINECS 237-773-0
国連番号 1049
ChEBI CHEBI:29237 チェック
特性
化学式 H[2H]
モル質量 3.02204 g mol-1
精密質量 3.021926810 g mol-1
融点

-259 °C, 14 K, -434 °F

沸点

-253 °C, 20 K, -423 °F

危険性
EU分類 非常に強い可燃性 F+
NFPA 704
NFPA 704.svg
4
0
0
Rフレーズ R12
Sフレーズ S16, S33, S36, S38
発火点 571 °C
関連する物質
関連する水素 重水素
水素
三重水素
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

重水素化水素(じゅうすいそかすいそ、: hydrogen deuteride)は、水素の同位体である軽水素重水素から構成される二原子分子である。分子式はHDである。

天然の存在[編集]

重水素化水素は、天然の水素分子の中の極一部を構成する。特に、30 ppmから200 ppmと割合は少ないものの、全ての木星型惑星大気から検出されている。重水素化水素は超新星残骸[1]等からも見つかっている。

木星型惑星中のHDとH2の存在比
惑星 HD H2[要出典]
木星 ~0.003 % 89.8±2.0 %
天王星 ~0.007 % 83.0±3.0 %
海王星 ~0.019 % 80.0±3.2 %

発光スペクトル[編集]

重水素化水素と水素分子は、非常に似た発光スペクトルを持つが、周波数が異なる[2]

出典[編集]

  1. ^ Neufeld, David A.; Hollenbach, David J.; Kaufman, Michael J.; Snell, Ronald L.; Melnick, Gary J.; Bergin, Edwin A.; Sonnentrucker, Paule (2007). “SpitzerSpectral Line Mapping of Supernova Remnants. I. Basic Data and Principal Component Analysis”. The Astrophysical Journal 664 (2): 890. arXiv:0704.2179. Bibcode 2007ApJ...664..890N. doi:10.1086/518857. 
  2. ^ Quinn, W.; Baker, J.; Latourrette, J.; Ramsey, N. (1958). “Radio-Frequency Spectra of Hydrogen Deuteride in Strong Magnetic Fields”. Phys. Rev. 112 (6): 1929. Bibcode 1958PhRv..112.1929Q. doi:10.1103/PhysRev.112.1929. 

関連文献[編集]