重水素化クロロホルム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
重水素化クロロホルム
識別情報
CAS登録番号 865-49-6
PubChem 71583
ChemSpider 64654
日化辞番号 J195.130K
EINECS 212-742-4
国連番号 1888
バイルシュタイン 1697633
特性
化学式 C2HCl3
モル質量 120.384 g mol-1
精密質量 118.920659899 g mol-1
密度 1.500 g cm-3
融点

-64 °C, 209 K, -83 °F

沸点

61 °C, 334 K, 142 °F

危険性
EU分類 有害 Xn
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
2
0
Rフレーズ R22, R38, R40, R48/20/22
Sフレーズ S36/37
関連する物質
関連物質 クロロホルム

重水素化ジクロロメタン

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

重水素化クロロホルム(じゅうすいそかクロロホルム、重クロロホルム)は、クロロホルム (CHCl3) の同位体置換体 (isotopologue) である。クロロホルム中の水素原子 (H) が同位体である重水素(デューテリウム、D)に置換されている。重水素化クロロホルムは有機分子核磁気共鳴分光法NMR分光法)で用いられる一般的な溶媒である。

関連項目[編集]