重力の虹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
重力の虹
Gravity's Rainbow
著者 トマス・ピンチョン
訳者 越川芳明 佐伯泰樹 植野達郎 幡山秀明(国書刊行会)
佐藤良明(新潮社)
発行日 アメリカ合衆国の旗 1973年
日本の旗1993年(国書刊行会) 2014年(新潮社)
発行元 アメリカ合衆国の旗 Viking Press
日本の旗 国書刊行会 新潮社
ジャンル ポストモダン文学
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
形態 ハードカバー & ペーパーバック
コード ISBN 978-4336030573 ISBN 978-4-336-03058-0(国書刊行会)
ISBN 978-4105372125 ISBN 978-4105372132(新潮社)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

重力の虹』(じゅうりょくのにじ、Gravity's Rainbow)はトマス・ピンチョン長編小説1973年発表。多数のストーリーと(工学・化学・心理学・オカルト・神話・映画・ドラッグなど)百科全書的な知識が織り合わされた長大な作品(原文約35万語、日本語訳で約100万字)。20世紀後半の英語圏文学のなかで、もっとも詳しく研究されている一冊である。

概要[編集]

『重力の虹』の舞台は第二次世界大戦末期から終戦直後にかけてのヨーロッパである。端役や動物・電球等を含め300名を超える登場人物のうち、中心となるのはアメリカ軍中尉タイローン・スロースロップ。行く先々で女と関係を持つスロースロップには、セックスした後にV2ロケットが落下するという秘密があった。その秘密を知る組織の面々はスロースロップを監視し、様々な仮説を打ち立てる。スロースロップもまた自らとV2の関係を追い求め、ロンドンから大陸へ、連合軍占領地〈ゾーン〉へと遍歴の旅を続ける。

破壊と渾沌と倒錯のエロスに満ちたヨーロッパの荒野を行くタイローン。パラノイアに陥った語り手が紡ぎ出すそこは、西欧近代の知と産業と暴力を象徴的に体現する〈ロケット〉のシステムであった——。

日本語訳[編集]

国書刊行会版と新潮社版の2つの日本語訳がある。国書刊行会版は絶版。

備考[編集]

  • ピンチョンはViking Press社に草稿を提出したときタイトルを考えていなかった。当初のタイトルは『Mindless Pleasures(無心の快楽)』というもので後に『Gravity's Rainbow(重力の虹)』に変更された。
  • 本書は1974年の全米図書賞を受賞したが、ピンチョン本人は授賞式に出席せずアーウィン・コーリー教授というコメディアンが代わりに出席し、受賞の挨拶と称してジョークを連発した。その場に居合わせた人々は皆コーリーをピンチョン本人と思い込んだが、彼はピンチョンの本を読んだことすら無かった。
  • 本作第四部に、1000に1つの割合で出来るという永久に切れることのない〈電球〉バイロンが登場する。ハロルド・ブルームはバイロンの挿話を20世紀文学の最も優れた作品の一つとして数えることが出来ると述べている。