重力の虹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

重力の虹』(じゅうりょくのにじ、Gravity's Rainbow)はトマス・ピンチョン長編小説1973年発表。多数のストーリーと(工学・化学・心理学・オカルト・神話・映画・ドラッグなど)百科全書的な知識が織り合わされた長大な作品(原文約35万語、日本語訳で約100万字)。20世紀後半の英語圏文学のなかで、もっとも詳しく研究されている一冊である。

概要[編集]

『重力の虹』の舞台は第二次世界大戦末期から終戦直後にかけてのヨーロッパである。端役や動物・電球等を含め300名を超える登場人物のうち、中心となるのはアメリカ軍中尉タイローン・スロースロップ。行く先々で女と関係を持つスロースロップには、セックスした後にV2ロケットが落下するという秘密があった。その秘密を知る組織の面々はスロースロップを監視し、様々な仮説を打ち立てる。スロースロップもまた自らとV2の関係を追い求め、ロンドンから大陸へ、連合軍占領地〈ゾーン〉へと遍歴の旅を続ける。

破壊と渾沌と倒錯のエロスに満ちたヨーロッパの荒野を行くタイローン。パラノイアに陥った語り手が紡ぎ出すそこは、西欧近代の知と産業と暴力を象徴的に体現する〈ロケット〉のシステムであった——。