酸化クロム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

酸化クロム(さんかクロム、: chromium oxide)はクロム酸化物。クロムの酸化数に応じて酸化クロム(II)酸化クロム(III)酸化クロム(IV)酸化クロム(VI)が存在する。また、混合酸化物過酸化物も知られている。

クロムの酸化還元電位は Cr(III) が最も安定であり、酸化物も酸化クロム(III)が最も安定である。酸化クロム(IV)、酸化クロム(VI)は酸化剤として用いられる。

酸化クロム(II)[編集]

組成式 CrO。黒色の粉末で、に不溶。

性質[編集]

  • 化学的には不安定で、加熱により Cr と Cr2O3 に不均化する。
  • 空気中で酸化されて Cr2O3 となる。
  • 希硫酸希硝酸には溶けない。
  • 塩酸に溶け、水素を発生させて青色溶液を生ずる。

製法[編集]

酸化クロム(III)[編集]

酸化クロム(III) の結晶

組成式 Cr2O3。緑色の固体で、水に不溶。

物理的性質[編集]

化学的性質[編集]

  • きわめて安定。
  • 酸、アルカリに不溶。
  • 臭素酸アルカリ水溶液と熱することで溶解する。

利用[編集]

酸化クロム(IV)[編集]

組成式 CrO2。黒色の粉末で、水に不溶。

物理的性質[編集]

利用[編集]

  • 磁気テープ用磁性体

酸化クロム(VI)[編集]

酸化クロム(VI) の結晶

三酸化クロム(さんさんかクロム)、無水クロム酸(むすいクロムさん)とも呼ばれる。組成式 CrO3。赤色の結晶

物理的性質[編集]

  • 斜方晶系、針状結晶。
  • 融点 196 °C(分解)
  • 比重 2.629 (14 °C)

化学的性質[編集]

  • 水に溶けてクロム酸二クロム酸になる。
  • 潮解性が強い。
  • 250 °Cで分解して酸素 O2 を発生し、Cr2O3 となる。

利用[編集]

  • 有機反応の酸化剤。詳細は クロム酸酸化 を参照。
  • ガラスの洗浄。

毒性[編集]

  • きわめて毒性が強い。半数致死用量 (LD50) は80 mg/kg(ラット、経口)、127 mg/kg(マウス、経口)。