酸化カドミウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
酸化カドミウム
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 1306-19-0
EINECS 215-146-2
国連番号 2570
RTECS番号 EV1925000
特性
化学式 CdO
モル質量 128.410 g mol−1
外観 褐色粉末
密度 8.15 g cm−3(結晶)
融点

>1500 ℃

沸点

1559 ℃(昇華)

への溶解度 49mg/1dm3
構造
結晶構造 立方晶系
熱化学
標準生成熱 ΔfHo −258.2 kJ mol−1[1]
標準モルエントロピー So 54.8 J mol−1K−1
標準定圧モル比熱, Cpo 43.43 J mol−1K−1
危険性
MSDS External MSDS
EU分類 Carc. Cat. 2
Muta. Cat. 3
Repr. Cat. 3
猛毒 (T+)
環境への危険性 (N)
EU Index 048-002-00-0
NFPA 704
NFPA 704.svg
0
4
0
Rフレーズ R45, R26, R48/23/25, R62, R63, R68, R50/53
Sフレーズ S53, S45, S60, S61
引火点 不燃性
関連する物質
関連物質 酸化亜鉛
酸化水銀(II)
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

酸化カドミウム(さんかカドミウム、Cadmium oxide)は、化学式 CdO で表されるカドミウム酸化物である。日本国内では毒物及び劇物取締法により劇物に指定される。

2価のカドミウム酸化物が唯一安定であり、二酸化炭素中でシュウ酸カドミウム,CdC2O4を加熱することにより、緑色の1価の酸化カドミウム(I),Cd2Oを生成するとされていたが、X線構造解析の結果はCdOに一致し、酸化カドミウム(I)の存在は疑問視されている[2]

生成[編集]

金属カドミウムの燃焼、または水酸化カドミウム硝酸カドミウムおよび炭酸カドミウムの熱分解により得られる。純品を得るには精製した硝酸カドミウムを550℃で加熱分解するのがよい[3]

2 Cd + O2 → 2 CdO
Cd(OH)2 → CdO + H2O
4 Cd(NO3)2 → 4 CdO + 4 NO2 + O2
CdCO3 → CdO + CO2

性質[編集]

__ Cd2+     __ O2-
__ Cd2+     __ O2-
酸化カドミウムの構造

褐色の無定形粉末または暗赤色の立方体結晶で塩化ナトリウム型構造をとり、その格子定数はa = 4.689Åである[2]

製法あるいは加熱履歴により薄い褐色を呈するもの、ほとんど無色のものなどが存在し、結晶の色は格子欠陥によるものとされている[4]。また酸化亜鉛と同様に酸素分圧に応じて結晶の電気伝導率が変化する[2]。n型半導体としての性質も有する。

水およびアルカリ水溶液にはほとんど不溶であるが、希およびアンモニウム塩水溶液に溶解してカドミウム塩水溶液となる。

CdO + 2 H+ → Cd2+ + H2O
CdO + 2 NH4+ → Cd2+ + 2 NH3 + H2O

400℃で一酸化炭素、600℃で炭素により還元されて金属カドミウムとなる[5]

CdO + CO → Cd + CO2
CdO + C → Cd + CO

424℃で硫黄と反応して硫化カドミウムを生成する[5]

2 CdO + 3 S → 2 CdS + SO2

加熱により昇華し、酸化カドミウム蒸気は強い毒性を示す。

用途[編集]

透明な薄膜電気伝導体材料として使用される。また触媒蛍光体およびセラミックの艶出し剤などに使用される。

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ D.D. Wagman, W.H. Evans, V.B. Parker, R.H. Schumm, I. Halow, S.M. Bailey, K.L. Churney, R.I. Nuttal, K.L. Churney and R.I. Nuttal, The NBS tables of chemical thermodynamics properties, J. Phys. Chem. Ref. Data 11 Suppl. 2 (1982).
  2. ^ a b c 『化学大辞典』 共立出版、1993年
  3. ^ 日本化学会編 『新実験化学講座 無機化合物の合成I』 丸善、1977年
  4. ^ FA コットン, G. ウィルキンソン著, 中原 勝儼訳 『コットン・ウィルキンソン無機化学』 培風館、1987年
  5. ^ a b サムソッフ監修 『酸化物便覧』 日・ソ通信社翻訳部、1970年