酢酸鉛(II)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
酢酸鉛(II)
酢酸鉛(II) の結晶
Pb(OCOCH3)2
IUPAC名 酢酸鉛(II)
組成式 C4H6O4Pb
式量 325.29 g/mol
形状 無色結晶または白色粉末
CAS登録番号 301-04-2
密度 3.3 g/cm3, 固体
水への溶解度 44 g/100 mL (20 ℃)
融点 280 ℃
出典 ICSC

酢酸鉛(II) (さくさんなまり に)は化合物の一種で、甘みを持つ無色の結晶である。酸化鉛(II)酢酸と反応させることによって得られる。他の鉛化合物と同様、毒性が強い。グリセリンに可溶である。水の存在下で3水和物 Pb(OCOCH3)2·3H2O を生じ、これは潮解性を持つ単斜晶系の結晶である。価数を付さず単に酢酸鉛、あるいは鉛糖 (sugar of lead)、土の糖 (salt of Saturn)、グラール粉 (Goulard's powder, トマ・グラールにちなむ)などとも呼ばれる。

古代における利用[編集]

甘味があり、歴史的に砂糖の代替物として用いられていた。

古代ローマにおいては、蜂蜜以外に手に入る甘味料は少なかったため、完熟させたブドウの果汁(ムスト)を鉛でコーティングされた青銅器で煮ることによって得られるサパ (sapa) と呼ばれるシロップが甘味料として好んで作られていた。このシロップは殺菌効果もあったことから、当時ワインの甘み付けや果物の保存に一般的に使われていた。しかしこれには製造の過程で青銅器にコーティングされた酢酸鉛などの鉛化合物が、加熱によって溶解される事に加えて焦げ付き防止のために掻き混ぜる際擦れて溶け出し含まれてしまうため、大量の鉛が溶け出したシロップを添加したワインを好んで飲んだ者が鉛中毒となっていた可能性が否定できず、多くの皇帝など古代ローマの記録に残る有名な人物の発狂や死の原因ともなったと考える研究者がいる。

実際に、作曲家ベートーヴェンが、その晩年ほぼ耳が聴こえなくなった原因として、ベートーヴェンの毛髪から通常の100倍近い大量の鉛が検出されたことから、近年の研究では鉛中毒が有力説とされている。彼は生前年代を指定して飲むほどワインを愛飲しており、当時のヨーロッパでは、ワインの醸造過程で甘味料として酢酸鉛を含むサパなどの鉛化合物類が頻繁に加えられていた事から、鉛入りのワインを大量摂取する形となり鉛中毒を引き起こしたとされる(詳しくは「ベートーヴェン」の節「人物」を参照)。

現代ではその毒性がよく知られているため、用いられることはない。

用途[編集]

他の鉛化合物の合成や染料の媒染剤として用いられる。髪染め用の染料の主成分として低濃度で使われる。塗料やワニスの乾燥剤としても用いられる。また、有機化合物中の硫黄検出で金属ナトリウムを使用したときに生成する硫化ナトリウムを検出するのに用いられる。このとき硫化鉛(II) の黒色沈殿ができる。

また、リンドラー触媒触媒毒としても用いられる。

危険性[編集]

上記の通り鉛中毒の原因物質の一つとなっている。また酢酸鉛(II) などの鉛化合物は胎盤を通過してに達し、胎児の死亡をもたらすと報告されている。鉛の塩は、特定種の動物に対する催奇性も持つ。

関連項目[編集]