酒さ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

酒さ酒皶、しゅさ)とは、に生じる皮膚疾患のひとつ。酒焼け[1]とも呼ばれる。

症状[編集]

がほてり、血管炎症を起こし、真っ赤になるように見える。脂腺汗腺の疾患とされている。

原因[編集]

診断[編集]

担当は皮膚科である。

治療[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 世界大百科事典 第2版『酒皶』 - コトバンク

関連項目[編集]