配位高分子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

配位高分子はいいこうぶんし 、coordination polymer, 一部はmetal-organic framework (MOF)とも呼ばれる)とは、多座配位子金属イオンからなる連続構造を持つ錯体のことである。例えば二座配位子Lと二配位の金属イオンMからは(-M-L-M-L-)構造が無限に連なった配位高分子が生成し得る。配位高分子においては金属イオンは主鎖の中に位置しており、共有結合性の主鎖を持つ有機高分子の側鎖に導入された配位サイトに金属イオンが配位した高分子錯体(例:ポリアクリル酸の塩)とは異なる概念である。

上記の構造を持っていても、極めて単純な構造を持つ配位子から生成するもの(例、Zn2+イオンとO2-イオンから生成するZnO:酸化亜鉛)は配位高分子とは呼ばれない。

一般的に配位高分子は難溶性の固体で、近年ではその構造、ガス吸着特性、導電性磁気的性質などの特徴が研究され触媒やナノ素材として注目されている。

関連項目[編集]