鄭志龍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鄭志龍
プロフィール
出生: 1969年8月29日
出身地: 台湾新北市
職業: バスケットボールコーチ
各種表記
繁体字 鄭志龍
簡体字 郑志龙
拼音 Zhèng Zhìlóng
注音符号 ㄓㄥˋ ㄓˋ ㄌㄨㄥˊ
注音二式 Cheng Chih-lung
和名表記: てい しりゅう
発音転記: ヂョン ヂーロン
テンプレートを表示

鄭志龍(ヂョン ヂーロン)は、台湾の元プロバスケットボール選手、バスケットボール指導者。シューティングガードとして活躍したのち、一時期政界に参加した。1990年代の台湾バスケ界を代表する選手である。

来歴[編集]

16歳で年代別代表に選ばれ、19歳で台湾代表入りし、主力として長きに渡り活躍。

宏国隊に入団し、1994年に発足された台湾プロバスケで活躍。

1999年にリーグが解散すると、中国へ渡り上海シャークスに入団。姚明らとともにチームを引っ張った。

2001年に引退。

同年、親民党の推薦により立法委員選挙に立候補し当選を果たす。しかし同じ立法委員で元歌手の高金素梅とのスキャンダル報道により政界から引退した。

2007年、SBL、台湾大レオパーズのヘッドコーチに就任。

関連項目[編集]