鄭一嫂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鄭一嫂

鄭一嫂(てい いっそう、英語:Ching Shih、鄭氏とも)(1775年-1844年)は[1]朝の著名な女海賊である。 元々は石陽といい、幼名は香姑である。鄭一嫂はもともと妓女だったが[2]zh:鄭一と結婚してから海賊となり、世間から「鄭一嫂」と呼ばれるようになった。鄭一の死後、鄭一嫂は紅旗幫という海賊団を率いるようになる。後に張保と結婚した。[3]

[編集]

鄭一の間の子供に鄭英石、鄭雄石がいる。張保仔の間の子には張玉麟がいる。[1]

参考資料[編集]

  1. ^ a b Pirates of the South China Coast p64
  2. ^ Pirates of the South China Coast p65
  3. ^ 《靖海氛記》上卷
  • Murray, Dian H. (1987). Pirates of the South China Coast, 1790-1810. Stanford University Press. ISBN 0-8047-1376-6. 

外部リンク[編集]