都留市駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
都留市駅*
都留市駅(2006年2月撮影)
都留市駅(2006年2月撮影)
つるし - Tsurushi
FJ05 赤坂 (1.5km)
(0.8km) 谷村町 FJ07
所在地 山梨県都留市つる一丁目12-1
駅番号 FJ06
所属事業者 富士急行
所属路線 大月線
キロ程 8.6km(大月起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
1,620人/日
-1982年-
開業年月日 1929年昭和4年)6月19日
備考 標高:467m
業務委託駅
* 1965年に谷村横町駅から改称
改札口(2009年6月)

都留市駅(つるしえき)は、山梨県都留市つる一丁目にある富士急行大月線

標高はおよそ467メートルである。駅番号FJ06

かつては特急停車駅であったが、2004年平成16年)11月16日の都留文科大学前駅開業および同駅への特急停車に伴うダイヤ改正で、通過駅に変更された。

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線と、赤坂方から分岐して駅舎の脇に至る側線1本を有する地上駅。列車同士の行き違いが行われることがある。線路はほぼ南北に走っておりホームの東側に駅舎がある。

のりばは駅舎側が1番線、そうでないほうが2番線であるが、列車同士の行き違いが行われない場合は上下線ともに1番線に停車する。大月発の下り普通電車がこの駅で大月発のフジサン特急に追い抜かれる場合には、下り普通電車が2番線に停車する。

ホームの谷村町方の端は緩やかな坂になっておりここから1番線の線路を越えて駅舎まで構内踏切(遮断機・警報機つき)がのびている。駅舎は木造平屋建てだが大きなもので、前面の様式は特徴的である。駅舎の内部には広い待合所と窓口があり、自動券売機は設置されていないのでこの窓口で切符を購入することになる。駅舎の内部にはタクシーの待合所もあり、駅前にはタクシーが待機していることが多い。以前は直営駅であったが1980年昭和55年)から業務委託駅となっている。また1980年代までは駅構内に売店があったが現在は閉鎖されている。

のりば[編集]

1・2 富士急行線 河口湖方面
富士急行線 大月八王子新宿東京方面

駅周辺[編集]

都留市の中心部・谷村にある駅で、ここから谷村町駅方面へ市街地が広がっている。駅周辺には商店街などもあるが都留市役所など各種施設へは谷村町駅の方が近い。

路線バス[編集]

駅舎隣のバス乗り場から路線バスが発着している。また、下記以外にも予約型乗合タクシー「つる〜と東桂」「つる〜と盛里」が利用できる(事前に電話予約が必要)。中央高速バス富士五湖線・多摩河口湖線の中央道都留バス停は当駅から徒歩8分。

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
都留市駅 1 市内循環バス左回り 谷村町駅入口都留文科大学前・芭蕉月待ちの湯 都留市駅 富士急山梨バス
市内循環バス右回り   都留市立病院前
都留市立病院前・赤坂・芭蕉月待ちの湯 都留市立病院前
2     都留市立病院前 平日1本のみ
  都留市立病院前 桂高校前 平日1本のみ
  都留市立病院前・大野 つるぎ 1本のみ
都留市立病院前・つるぎ 宝鉱山
3   谷村町駅入口 菅野上
谷村町駅入口・菅野上 道坂隧道 4月 - 11月(8月を除く)の土休日のみ
谷村町駅入口・菅野上・道坂隧道・唐沢・道志 月夜野 平日のみ
4   赤坂・禾生駅前田野倉 大月駅 平日1本のみ
中央道都留   中央高速バス 中央道日野 新宿高速バスターミナル 富士急山梨バス
フジエクスプレス
京王バス東
聖蹟桜ヶ丘駅 京王多摩センター駅
南大沢駅
富士急山梨バス
京王バス南
土曜・休日運行

利用状況[編集]

昭和57年の年間乗降客数は592,939名であった。これを一日平均にするとおよそ1,620名になる。

歴史[編集]

隣の駅[編集]

※「ホリデー快速富士山号」の隣の停車駅は列車記事を参照のこと。

富士急行
大月線
フジサン特急・快速「富士登山電車」
通過
普通
赤坂駅 (FJ05) - 都留市駅 (FJ06) - 谷村町駅 (FJ07)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]