郵便配達は二度ベルを鳴らす (1981年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
郵便配達は二度ベルを鳴らす
The Postman Always Rings Twice
監督 ボブ・ラフェルソン
脚本 デヴィッド・マメット
原作 ジェームズ・M・ケイン
製作 チャールズ・マルヴェヒル
ボブ・ラフェルソン
製作総指揮 アンドリュー・ブラウンズバーグ
出演者 ジャック・ニコルソン
ジェシカ・ラング
音楽 マイケル・スモール
撮影 スヴェン・ニクヴィスト
編集 グレイム・クリフォード
製作会社 CIP Filmproduktion GmbH
Lorimar Film Entertainment
MGM
Northstar International
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント・ピクチャーズ
日本の旗 日本ヘラルド
公開 アメリカ合衆国の旗 1981年3月20日
日本の旗 1981年12月21日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $12,376,625[1]
テンプレートを表示

郵便配達は二度ベルを鳴らす』(ゆうびんはいたつはにどベルをならす、原題:The Postman Always Rings Twice)は、ジェームズ・M・ケイン同名小説を映画化した1981年アメリカ合衆国の映画である。

あらすじ[編集]

1930年代のカリフォルニア。流れ者のフランク・チェンバースは、ギリシャ移民のニック・パパダキスが経営するダイナードライブイン)で機械工として働くことになった。それはニックの若くセクシーな妻コーラに一目で惹かれたからだ。一方のコーラも、年の離れた夫との生活に嫌気がさしており、強引なフランクにあっけなく身を任せる。 逢瀬を重ねる2人は邪魔者のニックを殺そうとするが、一度目は失敗する。二度目は交通事故に偽装し、殺害には成功したものの、誤ってフランクが大怪我を負ってしまう。

病院に収容されたフランクの下にサケット検事が現れる。サケットはフランクの前科を知っていたことから、フランクとコーラによる偽装殺人を疑う。サケットの脅しに屈し、コーラを傷害で告訴する書類にサインしてしまうフランク。2人の弁護士であるカッツは、裁判ではコーラの有罪を認めざるを得なくなるものの、保険会社との巧みな取引により、コーラを無罪にする。保険金は弁護士費用に取られたものの、フランクとコーラは自由の身となる。一方、有名人となったコーラ目当てでダイナーは大繁盛するが、2人の関係は冷ややかなものになっていた。

そんなある日、コーラは音信不通だった母の容態が悪いことを知り、母の下に行く。1人残されたフランクはダイナーを閉め、ふらりと出かけ、そこで出会った女マッジと関係を持つ。

ダイナーに戻ったフランクとコーラは冷却期間を置いたことで改めて2人でやり直すことにするが、そこにカッツの助手だったケネディが現れ、2人を脅迫する。フランクは強引にケネディの脅迫をはねのけ問題を解決すると、コーラにプロポーズする。

結婚した2人は再出発を祝うためにピクニックに出かけるが、コーラが急な腹痛を訴えたことからフランクは慌てて車を走らせる。 車の中でも愛を確認し合う2人。ところが、前方からやって来たトラックをよけ損ねたためにコーラは車から投げ出され、あっけなく死んでしまう。 フランクは突然の悲劇に泣き崩れるしかなかった。

キャスト[編集]

俳優の横のカッコ内は日本語吹替キャスト(テレビ放送)。

その他の日本語吹き替えキャスト…糸博藤城裕士秋元羊介安田隆村松康雄藤本譲北村弘一鳳芳野片岡富枝

※初回放送 1983年11月5日『ゴールデン洋画劇場』。

脚注[編集]

  1. ^ The Postman Always Rings Twice (1981)” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]