新仙台郵便局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
郵便事業新仙台支店から転送)
移動: 案内検索
日本郵政旗.svg 新仙台郵便局
基本情報
正式名称 新仙台郵便局
前身 郵便事業株式会社新仙台支店
局番号 81110
設置者 日本郵便株式会社
所在地 982-8799
宮城県仙台市太白区鈎取字谷地田80
位置 北緯38度13分7.3秒
東経140度50分22.4秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 非取扱
保険
店名 かんぽ生命保険 非取扱
特記事項
窓口はゆうゆう窓口のみ(24時間営業)

新仙台郵便局(しんせんだいゆうびんきょく)は、宮城県仙台市太白区にある郵便局である。

概要[編集]

住所:〒982-8799 宮城県仙台市太白区鈎取字谷地田80

それまで仙台市の中心部に所在する仙台中央郵便局にて取り扱っていた地域区分局業務を郊外の東北自動車道仙台南IC近隣にて行うとともに、太白区内全域の集配業務を取り扱う(太白区内に所在する集配郵便局3局(仙台南郵便局仙台中田郵便局仙台生出郵便局)の郵便区を統合する)目的で開局した。

当初は仙台南郵便局の分庁舎「仙台南郵便局山田鈎取庁舎(仮称)」として局舎の建設に着手、仙台南郵便局自体の移転も視野に入れて開局準備を進めていたが、最終的には郵便事業専門の独立した集配普通郵便局新仙台郵便局」としての開局となり、仙台南郵便局は無集配普通郵便局・私書箱設置局・外務員配置局として存続することとなった経緯がある。このため、仙台南郵便局の郵便番号が「〒982-8799」から「〒982-8791」に変更され、新仙台郵便局が「〒982-8799」を使用することとなった。

民営化に際し名称を「郵便事業新仙台支店」に改称したが、2社統合に伴い名称を再度「新仙台郵便局」に改称した。

なお、郵便事業専門の郵便局として開局したため当初より常設の窓口は設置されず、ゆうゆう窓口のみ開設されている。なお、ゆうメールの仕分け業務は、佐川急便仙台店が所在する宮城野区扇町に「ゆうメールベース」を別途設置してアライアンス体制で行っている。

ゆうちょ銀行ATMは併設されているが、硬貨入金・払込書を要する振替を行えるATM設置拠点および貯金・保険窓口を置く近隣郵便局は、仙台鈎取郵便局となる。

沿革[編集]

  • 2002年(平成14年)10月7日 - 新仙台郵便局として開局。
    仙台中央郵便局より地域区分局業務を、仙台南・仙台中田・仙台生出の各郵便局より郵便区(集配業務)を移管。同日、仙台南郵便局を無集配普通郵便局に、仙台中田・仙台生出の両集配特定郵便局を無集配局に局種別改定。なお、仙台中田・仙台生出の両郵便局にて取り扱っていた郵便貯金簡易保険の外務業務は仙台南郵便局へ移管。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 郵政民営化に伴い郵便事業株式会社の新仙台支店となる。同日、仙台中央郵便局受持ちの配達センターの統括業務を当支店に移管。
  • 2009年(平成21年)10月1日 - JPエクスプレス宮城統括支店宮城広域支店を併設し、JPエクスプレスよりペリカン便に関わる集配業務を受託開始[1]
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 郵便事業株式会社と郵便局株式会社の統合に伴い日本郵便株式会社の新仙台郵便局となる。

取扱内容[編集]

  • 郵便番号上2桁が98の地域(宮城県全域)における地域区分局業務
    • ただし、ゆうパックの仕分け業務については、2010年7月以降、若林区に所在する郵便事業仙台東支店卸町分室(旧JPEX宮城統括支店仙台卸町支店跡地に設置)とのアライアンス体制になっていたが、後に仙台東支店若林分室に変更となっており、現在は仙台東郵便局若林分室とのアライアンスになっている。
  • 仙台市太白区全域(〒981-11xx、〒982-00xx、02xx、08xx、09xx)および青葉区折立・西花苑・茂庭(〒980-026x)の集配業務
  • ゆうゆう窓口

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当支店の集配区域(即ち、太白区全域と青葉区折立・西花苑)のペリカン便の業務は、青葉区の宮城統括支店仙台青葉支店(〒982-02xxの地域の大半)または名取市の同仙台名取支店(従来の宮城統括支店仙台太白ペリカンセンター。仙台青葉支店担当区域を除く太白区全域を担当。名取の文字が入っているが、名取市は全域を別の拠点が担当するため注意)が担当するため、郵便事業新仙台支店は基本的には関知しない

関連項目[編集]

  • 新金沢郵便局 - 当局と同様の構想により同日(2002年10月7日)に開局した、郵便事業専門の郵便局。

外部リンク[編集]