郭震

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

郭震(かく しん、656年 - 713年)は、中国詩人。魏州貴郷(河北省大名県)の出身。は元振(『唐詩選』の通行本は、姓名を郭振と誤っている)。

身の丈七尺の偉丈夫で、任侠を好み、高宗咸亨(かんこう)4年(673年)、18歳で進士に及第、則天武后に認められて右武衛鎧曹参軍・奉宸監丞となった。その後は大将軍としてしばしば西北に出陣、吐蕃チベット)・突厥トルコ)族を撃破して名将と謳われ、景雲2年(711年)には同中書門下三品・吏部尚書に進んだ。しかし玄宗の即位の初め、天子に逆らって新州広東省新興)に流され、開元元年(713年)、罪を軽減されて饒州江西省波陽=鄱陽)司馬に遷されたが、途中で死んだ。

参考文献[編集]

「唐詩選」(註解:前野直彬 版:岩波書店)