郭台銘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
郭台銘
Terry Gou.jpg
プロフィール
出生: 1950年10月8日
出身地: 台北県板橋鎮
(現:新北市板橋区
職業: 実業家
各種表記
繁体字 郭台銘
簡体字 郭台铭
拼音 Guō Táimíng
注音符号 ㄍㄨㄛ ㄊㄞˊ ㄇ|ㄥˊ
和名表記: かく たいめい
発音転記: グオ タイミン
英語名 テリー・ゴウ
テンプレートを表示

郭台銘(かく たいめい、1950年10月8日-)は台湾実業家鴻海精密工業(鴻海精密工業有限公司)、現鴻海グループ(鴻海集團、Foxconn)を部分的に所有する。山西省をルーツに持つ外省人である。日本でも英語名のテリー・ゴウで呼ばれることがある。

富豪として知られ、雑誌フォーブスによる2006年度世界長者番付においては、世界で第77番目の長者に選ばれている。また、2007年度世界長者番付でも世界で第78番目の長者に選ばれている。2013年の番付によると、台湾で第4番目の富豪[1]

経歴[編集]

生い立ち[編集]

1950年台湾生まれ。台北市にある中国海事専科学校(今の台北海洋技術学院)の航運管理科を卒業し、兵役を終えた後、復興航運に入社する。ここで郭は船の手配を担当していた。その後、貿易そのものより、物をやり取りする貿易の基本である「製品」に関心が向くようになる。そして製造業に将来性を感じ、1年間の会社員に終止符を打って起業した。[2]

起業[編集]

1974年、24歳の頃に投資資本額30万台湾元を集めて「鴻海プラスチック企業有限公司」を設立し、プラスチック製品の製造・加工を始めた。企業名「鴻海」の由来は「鴻海千里、海納百川(鴻は千里を飛び、海はすべての川を納める)という意味で、企業が大きく羽ばたくよう期待した。

その後1975年に「鴻海工業有限公司」と改名した。[3]

パーソナリティ[編集]

台北市に在住。24歳時の結婚以来連れ添ってきた前妻とは息子1人と娘1人がいるが、2005年3月に乳がんのため死別した。2007年には弟も白血病で亡くしている。

2007年に、19年前の女性投資家との不倫をネタに恐喝されたとして、裁判を起こした。当時、女性との別れ話がこじれた際、女性にベッドインの写真とビデオを撮られ、手切れ金を支払ったが、後年再び金品を要求されたため、女性は訴えられ、警察に3か月収監された。その後、別の男性がこの話を元に恐喝した[4]

2008年に24歳年下の振付師の女性と再婚し、こちらも息子1人と娘1人を儲けている。

2008年に鴻海精密工業の最高経営責任者(CEO)からの退任を表明している。

エピソード[編集]

  • 働きぶりが異常なほど精力的で、1日に最低16時間は働くと言われ、幹部を夜中の12時によびつけて業務報告させたり、会議を開いたりすることは日常茶飯事で、台湾の産業界では、ものすごい報酬で鴻海にヘッドハントされる優秀な人材は多いが、数年で体と心を悪くしてやめていく、という伝説もある。[5]
  • 台湾学生による立法院占拠が起きた際、「台湾経済は実際のところそんなにひどくもない。経済構造は転換しないとだめだがね。それなのに1回の“通りすがり”、1回の街頭運動でどれだけの社会資源を消耗していることか。民主主義ではメシは食えない。民主主義は経済力に依存しているんだ。競争力、向上力、各種活動の背後にはいずれもコストがあるが、(デモなどの)見えないコストがどれだけ国家のリソースを消費しているか。(…)民主主義はGDPには何の役にもたたない。民主主義が国家の重要な人材、政府のエネルギー、治安維持の警察力を無駄に浪費されている」と語った。[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Taiwan's 50 RichestForbs, May 2013
  2. ^ 近藤伸二『アジア実力企業のカリスマ創業者』中公新書ラクレ、2012年版、39-40頁より引用
  3. ^ http://www.koryu.or.jp/ez3_contents.nsf/0/4ac55851fb10882749257b58000c2288/$FILE/04-01.pdf 鴻海(ホンハイ)における発展の謎を探る 
  4. ^ http://www.taipeitimes.com/News/taiwan/archives/2007/04/22/2003357694 
  5. ^ http://getnews.jp/archives/227553 シャープを買った郭台銘という男(ジャーナリスト 野嶋剛) 
  6. ^ http://kinbricksnow.com/archives/51898348.html 「民主主義じゃメシは食えない」鴻海集団会長の炎上発言=台湾立法院占拠と“通りすがり”


外部リンク[編集]