部瀬名岬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
部瀬名岬西岸

部瀬名岬(ぶせなみさき)は沖縄県名護市にある

概要[編集]

沖縄本島北部、名護市南部の東シナ海に突き出た小さな岬である。 西岸は760mの白砂浜と遠浅の海で、海底には珊瑚礁が広がる。 岬周辺は熱帯魚の生息地でもあることから、本土復帰前の1970年に県内最初の海中公園ブセナ海中公園」が設けられている。その地にて1981年10月15~24日に第8回ウィンドサーフィン世界選手権が開催された。 リゾート開発は1990年代以降で、ホテル、国際会議場、道路等が整備された。2000年先進国首脳会議沖縄サミット)の開催地になったことから、短期間で日本を代表するリゾート地の一つとして認知されるようになり、現在に至っている。

施設[編集]

所在地[編集]

沖縄県名護市字喜瀬1744-1

交通アクセス[編集]

  • 那覇空港からバスで約90分、「ブセナリゾート前」下車すぐ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]