郁久閭那蓋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

郁久閭 那蓋呉音:いくくろ なかい、漢音:いくきゅうりょ だかい、拼音:Yùjiŭlǘ Nàgài、? - 506年)は、柔然可汗吐賀真の子で、予成の弟、豆崙の叔父。可汗号は候其伏代庫者可汗(こうきふくたいこしゃかがん)といい、“悦楽可汗”という意味である。

生涯[編集]

太平8年(492年)、豆崙が柔然国人に殺されると、叔父である那蓋が立ち、候其伏代庫者可汗と号した。また、称元して太安元年とした。

南朝永明年間(483年 - 493年)、柔然は斉の武帝に、医師・錦職の工匠・指南車・漏刻などを求めるが断られる。

太安6年(497年)、高昌王の馬儒北魏に内移しようとしたため国人に殺され、代わって麴嘉が高昌王に立って柔然に臣従した。

太安10年(501年)7月、柔然は北魏の塞を侵す。

太安13年(504年)9月、柔然の12万騎は六道より並進し、沃野鎮懐朔鎮に至って、南の恒州代郡を略奪しようとした。北魏の宣武帝左僕射源懐にこれを討たせ、柔然を遁走させた。

太安15年(506年)、那蓋が死去し、子の伏図が立ち、他汗可汗と号す。

[編集]

参考資料[編集]

  • 南斉書』(列伝第四十 芮芮虜)
  • 魏書』(列伝第二十九 源懐、列伝第九十一 蠕蠕 高車)
  • 北史』(列伝第八十六 蠕蠕)
  • 資治通鑑
先代:
豆崙
柔然可汗
492年 - 506年
次代:
伏図