遺伝子系譜学国際協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

遺伝子系譜学国際協会(いでんしけいふがくこくさいきょうかい、: The International Society of Genetic Genealogy)とは、分子生物学集団遺伝学遺伝子系譜学の研究発展のために、世界中の遺伝系図学者たちによってボランティア運営されている非商用・非営利目的の団体である[1]。略称はISOGG遺伝子系図学国際協会とも訳される。

概要[編集]

2005年DNAの関連を研究しているグループである姓のDNAプロジェクトの管理者たちによって、DNA情報に裏付けられた人類系図(全人類系統樹)の構築を推進する目的で設立された。ディレクターは、キャサリン・ボルヘスが務めている[2]2013年6月の時点で、世界70ヶ国に8,000人以上の研究員を有し[3]、2013年7月の時点では、地域コーディネーターのボランティア管理者がいる国は、アメリカオーストラリアブラジルカナダイギリスエジプトアイルランドロシアなど20ヶ国におよぶ[4][5]。これにより、DNA情報に関心がある系図学者のために研究素材を収集・提供し、遺伝系譜学者たちの間での情報共有が容易になった[6]。現在も世界中から得られるDNA情報を基に、人類系図(全人類系統樹)が、より精度の高いものに日々更新されている。

Y染色体系統樹の構築への取組み[編集]

2006年以来、最新の知見に基づくY染色体系統樹の系統樹をサイト上にアップロードし、誰でもオンラインで確認できるようにしている[6][7]。 また、系統樹の位置関係を決定づける要素となる、遺伝子のマーカー(一塩基多型/SNP)の発見・発表および系統樹上の位置特定に務めており、系統樹の精度を高めることに尽力している[8]。この系統樹は、世界中でDNA情報に裏付けられた全人類の系図として利用されている。

補註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ The International Society of Genetic Genealogy”. ISOGG. 2013年7月1日閲覧。 See Homepage, Our Mission and About ISOGG.
  2. ^ ISOGG 2013 Y-DNA Haplogroup Tree”. ISOGG. 2013年7月10日閲覧。 “ISOGG (International Society of Genetic Genealogy) is not affiliated with any registered, trademarked, and/or copyrighted names of companies, websites and organizations.”
  3. ^ Family History and DNA: Genetic Genealogy in 2013”. Southern California Genealogical Society. 2013年7月7日閲覧。
  4. ^ ISOGG Regional Coordinators”. ISOGG. 2013年7月9日閲覧。
  5. ^ ISOGG Meetings”. ISOGG. 2013年7月9日閲覧。
  6. ^ a b King, Turi E.; Jobling, Mark A. (2009). “What's in a name? Y chromosomes, surnames and the genetic genealogy revolution”. Trends in Genetics 25 (8): 351?60. doi:10.1016/j.tig.2009.06.003. PMID 19665817. "The International Society of Genetic Genealogy (www.isogg.org) advocates the use of genetics as a tool for genealogical research, and provides a support network for genetic genealogists. It hosts the ISOGG Y-haplogroup tree, which has the virtue of being regularly updated." 
  7. ^ ISOGG 2006 Y-DNA Haplogroup Tree”. ISOGG. 2013年7月8日閲覧。 “An ISOGG group was formed in November 2005 to create a web-based document which could be updated to keep pace with the rapid developments in the field.”
  8. ^ Athey, Whit (2008). “Editor's Corner: A New Y-Chromosome Phylogenetic Tree”. Journal of Genetic Genealogy 4 (1): i?ii. http://www.jogg.info/41/Editorial.pdf 2013年7月8日閲覧. "ISOGG is committed to a tree with the minimum of confusion for users, so naturally, with the publication of the new tree in Karafet (2008), ISOGG will be changing several haplogroup names to conform to the choices made by Karafet ... Meanwhile, new SNPs are being announced or published almost every month. ISOGG’s role will be to maintain a tree that is as up-to-date as possible, allowing us to see where each new SNP fits in." 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]