遠隔会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

遠隔会議(えんかくかいぎ、: teleconference)は、それぞれ遠隔地にいる人々が何らかの電気通信システムで相互に接続して、情報を共有し、意見を交換すること。テレコンファレンスまたはテレカンファレンスとも。これを講義やトレーニングに利用する場合は遠隔セミナー: teleseminar)と呼ぶ。

アメリカのキャンプ・デービッド屋内での遠隔会議の様子

音声のみの遠隔会議は「電話会議」と呼ばれる。遠隔会議は電話会議のほかに、ビデオ会議もあるし、データサービスを1つの手段として使う場合もある。利用される手段としては、電話機コンピュータ電報テレタイプ端末無線テレビなどがある。

インターネットでの遠隔会議[編集]

インターネットでの遠隔会議には、電話会議ビデオ会議Web会議拡張現実 (AR) 会議などがある。

インターネットWAN上での遠隔会議にはVoIPを利用する。個人利用でよく使われるのはSkypeGoogle TalkWindows Live メッセンジャーYahoo! Messenger などである。

拡張現実 (AR) 会議の実例としては、AR+RFID Lab がミラノで開催された Salone di Mobile でデモンストレーションしたものがある[1]。別の例として TELEPORT もある[2]

ソフトウェアおよびサービスプロバイダ[編集]

主なベンダーを以下に挙げる。

関連項目[編集]

脚注[編集]