道の駅大歩危

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
36014 大歩危
Michinoeki Oboke 01.JPG
道路名 国道32号
登録 第28回・2008年8月8日
開駅 2008年8月8日
営業時間 9:00 - 17:00
所在地 〒779-5452  徳島県
三好市山城町上名1553-1
北緯33度52分53.72秒東経133度45分36.20秒座標: 北緯33度52分53.72秒 東経133度45分36.20秒
外部リンク 三好市ホームページ
国土交通省案内ページ

道の駅大歩危(みちのえき おおぼけ)は、徳島県三好市国道32号沿いに位置する道の駅。博物館および観光案内施設として1996年平成8年)に開業したラピス大歩危(後述)を、施設はほぼそのままに2008年(平成20年)8月8日に道の駅として登録したものである。2010年、同施設内に妖怪屋敷がオープン。

道路[編集]

施設[編集]

ラピス大歩危の施設が道の駅の登録要件をほぼ満たしていたため、登録に当たって特に大規模な改修は行われていない(トイレを24時間利用可能にした程度)。

  • 駐車場
    • 普通車:54台
    • 大型車:4台
    • 身障者用:1台
  • トイレ
    • 男:8器
    • 女:11器
    • 身障者用:2器
  • 公衆電話
  • 足湯
  • 展望デッキ(24時間利用可能)
  • 観光物産館
  • 石の博物館
  • 情報提供コーナー
  • 休憩コーナー
  • 無線LAN

ラピス大歩危[編集]

Japanese Map symbol (Museum) w.svg ラピス大歩危
Lapis Oboke
施設情報
愛称 ラピス
専門分野 地学
事業主体 三好市
管理運営 株式会社 山城しんこう
開館 1996年
所在地 779-5452
徳島県三好市山城町上名1553-1
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

ラピス大歩危(ラピスおおぼけ)は、岩石にまつわる博物館および観光案内施設の複合施設である。運営は第三セクターの「株式会社 山城しんこう」が行っている。とくしま88景に選定。名称の由来は、ラテン語で「石」を意味するラピスLapis)より。

館内には、三名含礫片岩(徳島県指定天然記念物[1])や宝石などの岩石や鉱物および、妖怪にちなんだ展示[2]を行う「石の博物館」のほか、観光案内、特産品やアクセサリーの販売、無料の足湯などがある。施設の利用が伸び悩んだため、のちに三好市により道の駅大歩危として登録された。

この地域は落石や土砂災害が頻繁に起こるが、当施設も落石が直撃したことがあり[要出典]、その石が館内に展示されている。

2010年、当館併設の妖怪屋敷がオープンした。三好市山城町は子泣き爺伝説発祥の地とされ、2008年には世界妖怪協会(会長:水木しげる)より全国2例目の怪遺産に認定されている。館内には巨大閻魔大王など約70体の妖怪が展示されている。

休館日[編集]

  • 12 - 2月の毎週月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

沿革[編集]

交通アクセス[編集]

周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国・県指定天然記念物 三名含礫片岩 - 徳島県環境首都課
  2. ^ 児啼爺など同地に伝わる妖怪伝承にちなむ。なお、これらの伝承は武田明民俗学者、柳田國男門下生)が1934年昭和9年)に周辺を調査して書き残している。
  3. ^ 道の駅大歩危・ラピス大歩危 - 三好市観光サイト(三好市観光課)
  4. ^ 交通案内 - 道の駅大歩危

関連項目[編集]

外部リンク[編集]