過酸化ストロンチウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
過酸化ストロンチウム
Strontium peroxide
識別情報
CAS登録番号 1314-18-7
PubChem 14807
EINECS 215-224-6
特性
化学式 SrO2
モル質量 119.619 g/mol
外観 白い粉末
匂い 無臭
密度 4.56 g/cm3 (無水物) 1.91 g/cm3 (八水和物)
融点

215℃[1] (分解)

への溶解度 0.018g/100ml(20℃)[2]
溶解度 エタノールに可溶
アンモニア水に不溶[2]
構造
結晶構造 正方晶 [3]
空間群 D174h, I4/mmm, tI6
配位構造 6
関連する物質
その他の陰イオン 過酸化バリウム
その他の陽イオン 酸化ストロンチウム
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

過酸化ストロンチウム(かさんかストロンチウム、: Strontium peroxide)はストロンチウム過酸化物で、化学式SrO2で表される無機化合物酸化剤としての性質を持ち、花火の製造などに用いられる[4]

製造[編集]

加熱した酸化ストロンチウム酸素を作用させて得られる。この場合の加熱温度は過酸化バリウム製造時に比べ低温で済む。加熱により酸化ストロンチウムと酸素とに分解する。低温では反応速度論的に原子スケールでの過酸化反応が抑制されるため、過酸化ストロンチウムの製造は比較的困難である[5]

脚注[編集]

  1. ^ Accommodation of Excess Oxygen in Group II Monoxides - S.C. Middleburgh, R.W. Grimes, K.P.D. Lagerlof http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1551-2916.2012.05452.x/abstract
  2. ^ a b 製品安全データシート (PDF) (純正化学)
  3. ^ Massalimov, I. A.; Kireeva, M. S.; Sangalov, Yu. A. (2002). Inorganic Materials 38 (4): 363. doi:10.1023/A:1015105922260. 
  4. ^ 財務省貿易統計第28類第4節 (PDF)
  5. ^ Accommodation of Excess Oxygen in Group II Monoxides - S.C. Middleburgh, R.W. Grimes, K.P.D. Lagerlof http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1551-2916.2012.05452.x/abstract