ふぁみこんむかし話 遊遊記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
遊遊記から転送)
移動: 案内検索
ふぁみこんむかし話 遊遊記
ジャンル アドベンチャーゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ ディスクシステム
開発元 パックスソフトニカ
任天堂
発売元 任天堂
人数 1人
メディア 前編・後編とも
ディスクカード両面
発売日 前編パッケージ版:1989年10月14日
前編ディスク書き換え:1989年10月30日
後編パッケージ版:1989年11月14日
後編ディスク書き換え:1989年12月1日
その他 後編を使用するには前編のディスクが必要。
テンプレートを表示

ふぁみこんむかし話 遊遊記』(ふぁみこんむかしばなし ゆーゆーき)は、パックスソフトニカ任天堂が共同開発し、1989年に任天堂が日本で発売したファミリーコンピュータ ディスクシステム用のアドベンチャーゲームである。前編と後編に分けられ、パッケージ版の前編は1989年10月14日に、後編は同年11月14日に発売された。通称『遊遊記』。

作品解説[編集]

ふぁみこんむかし話 新・鬼ヶ島』に続くふぁみこんむかし話シリーズの第2作。前作『新・鬼ヶ島』のゲームシステムを流用し、登場人物と物語、BGMを一新した。

本作はテレビCMが放映された最後のディスクシステム用ソフトとなった。内容は「天竺ツアー」と題し悟空やサングラスをかけた三蔵たちが飛行機で世界各地を巡る派手な実写映像に、物語の登場人物を紹介した歌を乗せたものである。

遊遊記のディスクカード書き換えによる供給は店頭書き換えサービス終了後、2002年10月まで任天堂本社・営業所により継続された。この終了時期は書き換えサービスの打ち切りより1年ほど早い。『新・鬼ヶ島』はスーパーファミコンファミコンミニバーチャルコンソールによる再供給が繰り返されたが、『遊遊記』はこれらへの再供給は2013年現在も行われていない。

ゲーム内容[編集]

画面に複数表示されたコマンドから適切なコマンドを選択し、全11章の物語を読み進めるコマンド選択式アドベンチャーゲームである。本作は「西遊記」を物語の題材とし、主人公「悟空」とその一行によるお経取りと世界支配を企む妖怪「牛魔王」の退治の旅を軸に、悟空の精神的成長とヒロインとの恋愛物語を、ギャグを織り込みながら描いた。

画面構成や「ひとかえる」コマンド、前編・後編のディスクカード2枚によるソフトウェアの供給は『新・鬼ヶ島』と共通するが、ゲームシステムにはいくつかの改良が加えられた。章の途中で進行状況を一時記録する「いったいさん」コマンドを新たに設け、ゲームオーバー後の再挑戦を容易にした。さらにコマンドとメッセージが表示される巻物の開閉アニメーションを速くさせ、コマンド選択の待ち時間を短縮した。「ひとかえる」コマンドでは最大5人の登場人物を選択できる。ただし5人全員を自由に切り替える場面は少なく、主に悟空または彼と同行している仲間が選択対象となる。選択した人物によりコマンド選択後の文章やセリフが変化し、場面と状況に適した人物や行動を選択しないと物語を進めることはできない。

『遊遊記』では『新・鬼ヶ島』に見られた難しい謎解きは減り、ゲームの難度は引き下げられた。新たな要素としてクイズや簡単なアクションゲームによるミニゲーム、コマンド選択に代わり単語や文章をプレイヤーに入力させる場面も用意された。物語中へミニゲームを挿入する手法は後継作の『タイムツイスト 歴史のかたすみで…』や、前作の続編「平成新鬼ヶ島」にも取り入れられた。

物語[編集]

昔々、今の中国に当たる東勝神州という大陸のある村に1人の女の子が住んでいた。ある夜、女の子家の近くに隕石が落ち、中から一匹の猿が飛び出してきた。女の子は猿に名前をつけて連れ帰り、世話をする。しかし、平和な日々もつかの間、猿はかつて犯した罪によっておしゃか様に連れ去られ、幽閉されてしまう。両親を亡くし天涯孤独の身の女の子は、やっとできた、たった一人の家族である猿を救うため、「ひかりのこづち」と呼ばれる宝を求めて旅に出る。

そして数年後。世界は牛の化け物、牛魔王の魔の手に脅かされていた。幽閉されていた猿はおしゃか様に牛魔王退治を命じられ、ひょんなことから旅の僧侶、三蔵法師の弟子となって共に天竺に旅立つことになったのだった。果たして珍道中の行く末やいかに?

登場人物[編集]

プレイヤーは主人公のさる(公式名ごくう)とヒロインの女の子(公式名ちゃお)へ好みの名前を付けることができる。通常「ひとかえる」で選択できる人物は総勢5人。一度に全員を操作できる機会は限られている。

猿(ごくう
主人公の猿。暴れん坊で捻くれ者。かつて牛魔王とともに天界侵略を企てたが失敗し、おしゃか様により隕石に閉じ込められ、この世の果てに追放されていた。女の子との出会い、三蔵らとの旅を通じ、優しさと素直な心の大切さを学んでいく。
女の子(ちゃお)
ヒロインの女の子。誰にでも優しく、けなげで一途な心の持ち主。恋愛小説を読むことが好きで、甘い恋愛を夢見ている。幼い頃に両親が他界したため一人暮らしをしていたが、悟空を保護し家族として生活する。悟空が捕らえられた後、悟空と暮らすには、曲がった心を正す力を持つ「ひかりのこづち」を手に入れ、悟空の捻くれた性格を直す必要があることをおしゃか様から聞かされ、悟空を助けるために一人旅に出る。
三蔵(さんぞう)
長安の僧侶。しかし女好きでスケベ、さらにとぼけた性格の生臭坊主。「一生楽して暮らす法」のお経を求め、スクーターの「りゅうきち」にまたがり、天竺を目指して旅をする。「~なんだな」が口癖。
八戒(はっかい)
豚の妖怪。姿を変える化け術や遠くを見通す千里眼の特技を持ち、関西弁で話す。貪欲で金に目がない性格。ある村を支配し悪事を働いていたが悟空に懲らしめられた後、お経を手に入れようと目論んで一行の旅に加わる。
悟浄(ごじょう)
河童。人の心を読む特技を持つ。普段は真面目で争いを好まない温和な性格だが酒癖は悪い。田舎なまりのある話し方をする。女性だらけの「おんな村」で銭湯の番頭をしていたが、女嫌いだったため村での生活に嫌気が差し、悟空一行の旅に加わる。人生に対して諦観めいたものの見方を抱いており、自分の本当の居場所を求めている。
りゅうきち
感情を持つスクーター。その意外な正体は終盤で明らかになる。
おしゃか様(おしゃかさま)
天界の統治者。悟空を正しい方向へ導き改心させるため牛魔王退治の使命を与えると共に、ちゃおや三蔵にたびたびお告げによって道を示す。
牛魔王(ぎゅうまおう)
牛の妖怪。冷酷で情け容赦ない。悟空とともに天界侵略を試みるが失敗し追放された。その後、悟空よりも一足先に地上へ戻り、妖怪たちを率いて地上世界の征服を開始する。
羅刹女(らせつじょ)
牛魔王の妻。美人と称えられているが、実際は大きな顔に手足がそのまま付いた体形で、想像を絶するほどブサイク。芭蕉扇を操る。
紅孩児(こうがいじ)
牛魔王と羅刹女の息子。生意気な性格で口はでかいがケンカはからっきし。泣き虫で甘えん坊のわがまま。
金角・銀角(きんかく・ぎんかく)
牛魔王の手下。巨大な顔を持つクイズ好きの兄弟妖怪。おんな村を襲撃して女性をさらい、助けにきた者をクイズ大会「ザ・チャンスデスマッチ」に誘い込み、正解できなかった者をひょうたんに吸い込んで酒にしてしまう。
いったい
前作に引き続き登場する語り部。ゲーム開始直後ヒロインの女の子とともに登場し、女の子へ名前を付けるようプレイヤーへ依頼する。前作と違い物語中への出演はないが、ゲーム中のナレーションを担当することもある。

スタッフ[編集]

  • エグゼクティヴプロデューサー:山内溥
  • プロデューサー:宮本茂
  • 監督:菱田達也
  • 原作:菱田達也、照井啓司、島田満
  • 脚本:菱田達也、照井啓司。
  • コンテ:前田実
  • キャラクターデザイン:菱田達也、小田部羊一
  • 技術:角井博信
  • 音楽:岡素世
  • プログラム:橋下友茂、荒木泰介、小玉仁
  • CGデザイン:吉村実恵、高橋伸也有本正直
  • 制作進行:加藤圭三、清水降雄

他作品への出演[編集]

『遊遊記』の悟空とちゃおは世界観の異なる『星のカービィシリーズ』にゲスト出演した。

  • 星のカービィ2』の日本版にはちゃおが登場する。中ボスを倒した後に開封される袋にはリック、クー、カイン、グーイなどが入れられているが、まれにちゃおが出る場合がある。このゲームでは達成率がメニュー画面にパーセント表示され、ちゃおを救出しない限り達成率を100パーセントにすることはできない。さらにサウンドテスト画面では遊遊記の5章に登場する場面のパロディ画像が表示される。
  • 星のカービィ3』には悟空とちゃおが登場する。あるステージでは悟空を探し出してゴールにいるちゃおに会うと重要アイテム「ハートスター」を1つもらうことができる。ハートスターを全て集めないと真のボスと戦うことはできない。

音楽CD[編集]

組曲「遊遊記」 
本編のBGMから抜粋したいくつかの曲をオーケストラアレンジにしたアルバム。最後のトラックには原曲のBGMのメドレーが収録されている(一部の曲のみ)。また、おまけとしてキャラクターのシールと、BGMの楽譜が付属していた。現在は廃盤。
1990年3月1日発売。:サイトロンデジタルコンテンツ制作/作曲:任天堂株式会社/編曲:藤原 いくろう/演奏:MARIO FREAKS ORCHESTRA
任天堂ディスクシステムレアセレクション
任天堂のディスクシステム作品の音源を収録したアルバム。Disc2に全曲収録。サイトロンデジタルコンテンツ制作
TOY MUSIC2 FIER EMBLEM(東芝EMI)
1991年6月26日TOTT-5711
題名に『FIRE EMBLEM』と表しているが、この作品と「ファミコン探偵倶楽部PartII うしろに立つ少女」との合同CDである。

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  • 『ふぁみこんむかし話 遊遊記 前編 取扱説明書』 任天堂、1989年。
  • 『ふぁみこんむかし話 遊遊記 後編 取扱説明書』 任天堂、1989年。

関連項目[編集]