遊☆戯☆王5D's Duel Transer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
遊☆戯☆王5D's Duel Transer
ジャンル 対戦型カードゲーム
対応機種 Wii
開発元 コナミデジタルエンタテインメント
発売元 コナミデジタルエンタテインメント
人数 1人 - 2人
メディア Wii用12cm光ディスク
発売日 2011年4月21日
対象年齢 CERO:A(全年齢対象)
デバイス ニンテンドーWi-Fiコネクション対応
テンプレートを表示

遊☆戯☆王5D's Duel Transer(ゆうぎおうファイブディーズ デュエルトランサー)は、2011年4月21日コナミデジタルエンタテインメントから発売されたWii専用の遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲームを題材としたゲームソフトである。

概要[編集]

Wiiで初めてOCGをプレイすることができるゲーム。据え置き機では「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォースエヴォリューション」以来となる。イギリスでは2010年11月26日[1]「Master of the Cards」というタイトルで、アメリカ合衆国では2010年12月8日[2]に「Duel Transer」のタイトルで発売された。日本でも当初は2010年11月下旬発売予定であったが延期され、3月24日発売と発表される。しかし直前になってさらに延期され、最終的に4月21日発売となった。海外版とは異なりデュエルスキャナーが同梱されている。

収録カードは遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース5と同じ「STARSTRIKE BLAST」まで、総数は約4500枚[3]となっている。ワールドチャンピオンシップシリーズと同じく、実在するパックがゲーム内で購入できる。「遊☆戯☆王ファイブディーズ オフィシャルカードゲーム」のマスタールールに準拠する最後の作品。ニンテンドーWi-Fiコネクションを利用することで世界中のプレイヤーと対戦ができる。

デュエルスキャナー[編集]

実在するカードを読み取り、ゲーム内で使うことができるようになる機器。「シングルリード」は専用機器にカードを挿入し、ゲーム中で入手できるDPを50使うことでカードを読み取り、カードを入手することができる。読み取りに対応しているカードは以下の通り[4]。読み取れなかった場合は、パスワードを入力してカードを入手することができる。「ジェネレート」はカード3枚を合成し、新たにカードを作ることができる。他にもストーリーモードで「カードロックパネル」を通過する時にも使用する。

  • ブースターパックの第3期第1弾「新たなる支配者」から第7期「STARSTRIKE BLAST」まで。
  • ストラクチャーデッキの「ドラゴンの力」から「ドラグニティ・ドライブ」まで。
  • スターターデッキの2006から2010まで。
  • デュエルターミナルの「シンクロ覚醒!!」から「ヴァイロン降臨!!」まで。

ストーリー[編集]

サテライトで暮らす主人公に「デュエル・オブ・レジェンドカップ」の招待状が届くところから物語は始まる。ラグナロクと呼ばれる絶海の孤島で開催される大会には遊星やジャックも参加していた。優勝者には至高の栄誉と究極の富を約束するという。主催者のスルトは一体何者なのか。ユグドラシルの最上階を目指し、デュエルが始まる。

登場人物[編集]

主人公
サテライトを抜け出すことを夢見ていたため、「デュエル・オブ・レジェンドカップ」への参加を決めた。
不動遊星(ふどう ゆうせい)
ジャック・アトラス
クロウ
十六夜アキ(いざよい あき)
龍亞(るあ)
龍可(るか)
カーリー渚(カーリーなぎさ)
狭霧深影(さぎり みかげ)
牛尾哲(うしお てつ)
氷室仁(ひむろ じん)
鷹栖(たかす)
イェーガー
ジル・ド・ランスボウ
炎城ムクロ(えんじょう ムクロ)
MC
  • 声 :なし
スルト
大会主催者。ユグドラシルの最上階で主人公を待ち受ける。
トランサー
古代の叡智と現代の科学力を結集し開発した究極の人造デュエリスト。鎧のような姿をしている。ユグドラシルの各階に配置してあり、次の階へ上がるためには倒さなくてはならない。デュエリストをトレースしたデッキを使用する。

同梱カード[編集]

  • ファイターズ・エイプ
  • クローザー・フォレスト
  • 吠え猛る大地

攻略本付属カード[編集]

  • マジシャンズ・エイプ

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]