連邦補助高速道路法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
連邦補助高速道路法
米国政府国章
アメリカ合衆国の連邦法律
英語名 Federal-Aid Highway Act of 1956
通略称 全米州間国防高速道路法(National Interstate and Defense Highways Act)
制定日 1956年6月29日
効力 現行法
種類 行政法
主な内容 高速道路網の建設
テンプレートを表示


連邦補助高速道路法(れんぽうほじょこうそくどうろほう、Federal-Aid Highway Act of 1956)は、1956年6月29日に施行されたアメリカ合衆国の法律であり、一般に全米州間国防高速道路法(ぜんべいしゅうかんこくぼうこうそくどうろほう、National Interstate and Defense Highways Act)と呼ばれる。

これは当時のアイゼンハワー大統領が推進した道路整備計画の一環として制定された法律であり、全長約6万5000キロメートルの巨大な州間高速道路網を、250億ドルの資金を投じて、10年の期間を費やして整備するという、それまでのアメリカ合衆国の歴史の中で最も大規模な国家プロジェクトであった。

関連項目[編集]