連合線維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
脳: 連合線維
Gray751.png
大脳の主要な連合線維を示した模式図
Gray752.png
皮質脳幹を切開して表面の灰白質を取り除き、連合線維と島皮質を露出させた図
名称
日本語 連合線維
ラテン語 fibra associationis
関連情報
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示

連合線維(れんごうせんい、: Association fiber)は、同側の大脳半球の異なる領域を繋ぐ線維で、以下の2種類が存在する。

  • 隣接する脳回を繋ぐ、短い連合線維
  • 異なる領域にまたがる、長い連合線維

短い連合線維[編集]

短い連合線維は大脳半球の皮質にある灰白質の直下に横たわり、隣接する脳回を繋いでいる。

長い連合線維[編集]

長い連合線維には以下のようなものがある。

名称 起点 終点
鉤状束 前頭葉 側頭葉
帯状束 帯状回 内嗅皮質
上縦束 前頭葉 後頭葉
下縦束 後頭葉 側頭葉
垂直束 下頭頂小葉 紡錘状回
後頭前頭束 後頭葉 前頭葉
脳弓 海馬 乳頭体

関連項目[編集]