造物主の掟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

造物主の掟』(ライフメーカーのおきて、原題 Code of the Lifemaker)はジェイムズ・P・ホーガンによるSF小説。1983年発表。続編に『造物主の選択』がある。

あらすじ[編集]

遠い昔、地球外知的生命体によって建造された無人宇宙船が土星衛星タイタンに着陸した。宇宙船には内蔵されたプログラムによって自己増殖し、鉱物資源を採掘・精練して故郷の星へ送り届ける任務を与えられたロボットが搭載されていたが、航行中に超新星フレアを浴びた影響でプログラムに重大なバグが生じていたため、ロボットたちはひたすら採掘と自己増殖を続け、故障したロボットを解体するロボットは正常なロボットまで解体し始め、世代を重ねるごとに変異と淘汰を繰り返して「進化」していく。

21世紀無人探査機によってタイタンに生物がいるらしいことを知ったアメリカヨーロッパは共同で大規模な調査隊を派遣する。売れっ子の自称心霊術師ザンベンドルフも、学会に影響力を持つ信奉者の手配で調査隊に加わった。タイタンは機械生命の世界であり、人間に似た姿の「タロイド」たちが中世ヨーロッパと同じようなレベルの文明を築いていた。アメリカの利益のためにタロイドたちの宗教迷信を利用しようとする調査隊上層部の考えや、科学の目で物事を見ようとしたために迫害される少数派タロイドの存在を知ったザンベンドルフと仲間たちは、彼らを助けるために一世一代の大ペテンを仕掛ける。

関連項目[編集]

書誌情報[編集]

造物主(ライフメーカー)シリーズ 東京創元社 創元SF文庫 翻訳:小隅黎 カバー:加藤直之