逆鱗弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
逆鱗弾
ジャンル シューティングゲーム
対応機種 アーケード[AC]
セガサターン[SS]
プレイステーション2[PS2]
開発元 [AC][PS2]:タイトー
[SS]:日本メディアプログラミング
発売元 [AC][PS2]:タイトー
[SS]:ヴァージンインタラクティブエンターテインメント
人数 1~2人協力プレイ
発売日 [AC]:1995年
[SS]:1997年4月18日
[PS2]:2005年8月25日
テンプレートを表示

逆鱗弾』(げきりんだん)は、1995年タイトーから発売されたアーケードゲームシューティングゲームである。本作は、1994年に倒産した東亜プランのスタッフの一部がタイトーの中央研究所に移籍し、開発された作品である。随所に東亜テイストが感じられるものの、ゲームの内容そのものは未消化気味で、ヒットはしなかった。[要出典]ちなみに、ロケテスト版のタイトルは「ソルブレイカー」であった。

ゲーム内容[編集]

8方向レバーで自機を操作し、ショットボタンとボムボタンで攻撃を行う。タイムトラベルによってエルビス・プレスリーを殺害して歴史を変えさせ、人類の絶滅させようとするギアンディガスを倒すことが目的。全5ステージ&1周エンド。

自機[編集]

プレイヤーはゲームスタート、またはコンティニュー時に3種類の自機を選択する。ショットやレーザーの威力などが異なる。

  • TYPE-A:近未来戦闘機
    • 通常ショットはワイド型、ショットチェンジを取ると更に範囲の広いサンダーレーザーを発射する。後者は固い敵に当たると破壊するまでサーチする仕組みになっている。
  • TYPE-B:4つのオプションが付いた攻撃ヘリ
    • 通常ショットはストレート型、ショットチェンジを取るとオプションが自機をトレースするように動く。
  • TYPE-C:複葉機
    • 通常ショットはTYPE-Aと同じだが、こちらの方が範囲が若干広い。ショットチェンジを取るとストレート型に変わり、炎が弧を描くような形で発射される。

アイテム[編集]

  • パワーアップ
  • ホーミング
  • ナパーム
  • ミサイル
  • ショットチェンジ

取るたびに攻撃する形式がレーザーや、ショットに変更される

  • 1UP

プレイヤーの残数が1機増える。入手できる確率が低い。得点による残数の増加はない。

  • ボム

使えるボムが1個増える。最大5個までストック可能。

移植作品[編集]

1997年4月18日 移植度は芳しくない。デモがムービーであったり、若干の違いも見受けられる。

2005年8月25日発売のタイトーメモリーズ 下巻に収録。

豆知識[編集]