逆成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

逆成(ぎゃくせい)とは、造語法の一つで、の一部を形態素と誤解し、あるいはそのように見做すことにより、その「元の」形態の語を新たに作ること。

例えば、「たそがれ」(「誰そ彼」に由来)から出来た語に「たそがれる」がある。これは「たそがれ」の最終音節を動詞連用形または派生名詞語尾と見做し(または誤解し)、その動詞を逆成したものである。英語の例としては、名詞sightseeing(観光、sight-seeingに由来する)から逆成された動詞sightsee(観光する)などがある。

関連項目[編集]