迷彩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
迷彩塗装から転送)
移動: 案内検索
ACU戦闘服を着用したアメリカ陸軍兵士

迷彩(めいさい)は、敵の目を欺くためのカモフラージュ技術の1つで、表面に塗装染色などされた模様である。装備等への塗装による迷彩を迷彩塗装、迷彩が施された服(特に戦闘服)を迷彩服と言う。

概要[編集]

アメリカ陸軍のM81迷彩(ウッドランド迷彩)

カモフラージュの方法は多彩であるが、代表的なものが迷彩である。

迷彩の中でも代表的なものに、分割迷彩と単色迷彩がある。共に、周囲の光景に溶け込むことを目的としたものであり、分割迷彩は複数の色による分割パターンを描いたもので、単色迷彩は、同じ色の濃淡による模様である。

衣服に用いられた場合は迷彩服という。地上部隊の場合には、当地の植生・気象条件に合わせた数色のまだらや斑点・縞模様を用いる。具体的には、雪原地帯では白や薄い灰色または白一色、熱帯雨林では、濃緑・濃紺・茶色などである。陸上車輌や低空における飛行が主任務となる軍用機も同様の迷彩を行う。

背景が空や海となる、外洋の艦船や海洋国の航空機では、周囲の光景に溶け込むためにはもっと単純な迷彩となる。たとえば、光の当たる部分を暗色、陰になる部分を明色で塗り分けて陰影を相殺する事で視認性を低下させる「カウンターシェイド」がある。夜間作戦用の塗装などでは濃淡もない一色となることもあり、こうなると迷彩とは言えない。

歴史[編集]

近代までの軍隊の塗装は、「隠れる」以前に「目立つ」事が重要であった。視覚的手段しか識別法が無い時代、敵味方の識別や自軍の強さ、また自軍内での士官の地位や権威を誇示するために、軍旗甲冑軍服には目を引く配色やデザインが求められた。

近代軍服において初めて迷彩的効果を採用したのはイギリス軍1848年ペシャーワルでの戦いで、現地の色彩に合わせたカーキ色の軍服を用いたのが始まりだといわれている。ペルシャ語ではカーキは「土埃を被った茶色」を意味した。しかしながら、本格的にデザインされた迷彩模様を採用したのは第一次世界大戦中のフランス軍であったといわれている。1914年の末頃、フランス軍の砲兵隊勤務についた一人の画家が大砲と戦車の迷彩を考案したのがその始まりである。迷彩の効果が確認され、軍は1915年以降は偽装迷彩隊を結成させ、画家やデザイナーなどがその模様を考案するにあたって起用されたといわれている。その後、イギリス軍も1916年のはじめに同様の部隊を結成・組織するにいたった。航空機による偵察力の向上、兵器の破壊力の向上に伴い、迷彩の重要性が増し、特に第二次世界大戦以降は各国の軍で一般的に取り入れられるようになった。最も成功した迷彩は冬季に降雪地帯で着用する白のオーバーオールであり、これは絶大な効果を発揮し、各国においてほとんど反対なく採用されている。

兵器種ごとの迷彩[編集]

制服・戦闘服[編集]

アメリカ海兵隊のデジタル迷彩MARPAT。

第一次世界大戦開戦当初は派手な色の戦闘服を使用していた軍もあったものの、大戦中に各国ともカーキ色系などの目立たない色の軍服を使用するようになった。現在のような迷彩服を初めて本格的に使用したのは、第二次世界大戦中のドイツの武装親衛隊である。他に同時期のイタリア軍空挺部隊、アメリカ陸軍[1]や海兵隊の一部にも用いられ、日本の陸軍空挺部隊義烈空挺隊)でも、戦闘服にで模様を描き込み迷彩効果を得ようとしている。 近年は、対テロ市街戦用に灰色や白(ビルの色に溶け込むため)を基調とした幾何学迷彩(アーバンカモ)や、さまざま地形での効果を狙った迷彩(UCPマルチカムなど)が各国で採用されている。また、コンピューターを使って効果の高い配色を決めたり、細かいドットによって模様を構成するデジタル迷彩が主流になりつつある。

車輌[編集]

迷彩を施したM113装甲兵員輸送車

第二次世界大戦で戦車を有効活用したナチス・ドイツでは、開戦時にはダークグレーが基本塗装色となっていたが、北アフリカ戦線において迷彩色として用いられたサンドイエローがヨーロッパ戦線においても有効である事が示され、後期には基本色がダークイエローに変更された経緯がある。更に前線で上に2色を重ねた3色迷彩が施され、また冬季の降雪時には上から石灰の水溶液などを塗りつけた冬季迷彩が施された。アメリカ軍ベトナム戦争時期までオリーブドラブ単色だったが、1970年代にサンドブラウンを基本にした4色迷彩を採用した。しかしコストや標準化の都合により、80年代にはNATO軍と同じ3色迷彩に切り換えている。湾岸戦争イラク戦争では現地に合わせたサンド系の塗装が施された。近年は市街戦に適した幾何学的パターンの迷彩も登場している。

建造物[編集]

民家に偽装されたトーチカ

建造物の迷彩は、地下に隠すことのできない建物や滑走路、貯水池、ガスタンクなどを空襲から守ることが主目的となる。有名な例では、第二次世界大戦中にシアトル近郊にあったボーイング社の工場の巨大な平屋根が目立つので、上空から見ると戦略的価値のない住宅街にしか見えないよう明暗の色に細かく分けた分割迷彩をほどこされたことがある。

また、掩体壕特火点を民間建造物に偽装するために窓などを描きこんだ例もある。

船舶・艦艇[編集]

空母アーガス (Dazzle camouflage) と戦艦リヴェンジ

艦船における迷彩は、陸上や航空機から「見えにくくする」ものではなく、敵に大きさ・速力・進行方向や艦までの距離などを誤認させることが主目的となる。これは海洋上において艦船の不可視現象を表現することが困難であるためである。

艦船の迷彩は19世紀末ごろにアイデアが現れるが、実現したのは第一次世界大戦であった。1917年頃、第一次大戦中にドイツの潜水艦による被害が増大すると、帯状の迷彩や波頭の迷彩が行われるようになった。特に煙突やマストなどをそのままに存続する場合は垂直線を消去し斜線の迷彩を施した。

船舶迷彩も初期のころは多くの色が用いられたが、この頃になると黒系、グレイ系、青系におさまった。それはドイツの潜水艦が迷彩看破の方法として潜望鏡に色光濾過機というものを備え、スコープからのすべての色をモノクロに還元して見えるようにし、色の影響を無くして攻撃していることへの対応であった。艦全体を灰色に塗装、背景との区別を困難にし、艦までの速度・距離測定を欺瞞し、巡洋艦や戦艦といったサイズが異なる艦艇の艦影を近い形にすることにより、距離を誤認させようとしたこともある。

第二次大戦では空母にも迷彩塗装が施されている。空母は空から見るとその形ですぐに艦種が判明してしまうが、飛行甲板上に幾何学模様(基本的にどの国も、緑、黒など暗い色を用いている)の迷彩を施すことで、船として発見されてもどんな船だかを判別できなくするという、輪郭線の欺瞞が期待できるからである。

艦船の代表的な迷彩様式は以下の通り。

  • ブラッシュ式
  • マッケー式
  • ヘルッツオーグ式
  • トック式
  • ワーナー式


航空機・軍用機[編集]

迷彩塗装が施されたロシア空軍Su-25

飛行機の迷彩塗装が真剣に考慮されだしたのはスペイン戦争以来のことであり、第一次世界大戦までは戦闘機同士の戦いは故意に無塗装や目立つ装の機体として目立たせた上で飛行士同士が騎士道精神に則り一対一で派手な空中戦を演じて、敵および味方そして地上の人間に戦いぶりを見せつけ、武勇伝を後世に残す場と考えられていた。第二次世界大戦では個人戦からシステム化された団体戦に移り、アメリカ、イギリス、オランダ、スウェーデンは空軍の飛行機に迷彩を施すようになり、試行錯誤の研究が行われた。

本格的な航空機への迷彩は、ベトナム戦争のころから発達する。ベトナム戦争では、目視範囲での戦闘が多かったため、アメリカ軍において派手な塗装の機体の損害が無視できないものであった。そのため、低空における任務が主である攻撃機などには、上から見た時に地上に溶け込むような地上部隊と同様の迷彩塗装が、高空における制空任務が主である戦闘機にはなるべく近くまで見つからないようにする青灰色系統の低視認性(low visibility、ロービジ)塗装が行われるようになった。また第二次世界大戦時には上部を前者に、下部を後者にする折衷も見られたが、横から見た場合却って目立つので採用する例は少なくなった。部隊マークや機体番号などもロービジ塗装で描かれており、遠目に目立たないようにされている。

日本など周囲を海に囲まれた国では、機体に青を基調とした洋上迷彩が施される場合もある。

自衛隊の迷彩[編集]

迷彩服[編集]

陸上自衛隊の現行迷彩パターン
迷彩服のほか、ギリースーツも着用して身を隠す訓練を行う自衛官

陸上自衛隊では迷彩模様は威圧感や戦争色をイメージさせるためかオリーブドラブ(OD)が用いられることが多かったが、昭和後期には戦闘服にも迷彩が用いられるようになった。しかしながら、北海道の笹藪を元にデザインされたといわれる迷彩パターンは一部地域を除き、近距離では逆に非常に目立つものであった。特にベース色の薄緑色部分は洗濯をするうちに水色のような発色をするようになり、敵に察知されやすいと不評であった。

そのため平成期になり、新型の迷彩パターンが研究されるようになり、1992年には迷彩II型(通称、新型迷彩)の戦闘服(後に作業服も迷彩化した)の支給が開始された。新型迷彩は、日本の様々な山野の風景をコンピュータ処理し、日本の気候風土に合った迷彩パターンをドット化してデザインしたもので旧迷彩よりも大幅に性能が向上していた。現在は戦闘服と作業服がこの新型迷彩へ移行し、旧迷彩やODを見かけることはほとんどなくなった。

2004年からのイラクサマーワへの自衛隊派遣では各国が砂漠地帯用の迷彩パターンを採用した被服を用いる中、自衛隊は"日本の平和復興部隊の駐留"であることを強調するため、あえてこの緑色の迷彩パターンの被服(防暑服4型という特注品)を採用した。イラクなどのイスラム圏では緑は高貴な色とされておりそれを踏まえ戦闘部隊ではないという意味をこめたとも言われている。

このように、砂漠用の迷彩を使用してこなかった陸上自衛隊も、被狙撃防止の観点から現在は砂漠用迷彩を採用している。この迷彩は2型迷彩のパターンを踏襲し、色合いを砂漠用に変化させたもので、海上自衛隊の哨戒機を護衛するためジブチに展開している部隊が2010年から使用している。

航空自衛隊では、高射部隊(防空部隊)や基地警備隊において、陸上自衛隊のものとは異なる迷彩服(陸自の旧型迷彩の色違い)を採用している。近接戦闘を重視した細かいドットの集合である陸自の新型迷彩に対し、空自の迷彩は遠距離からの視認性低下を重視した大柄で茶色がかったパターンである。2009年からはその後継としてグレーを基本色としたデジタル迷彩が採用されている。また、空自は湾岸戦争時に自衛隊として初めて6Cデザート(チョコチップパターン)の砂漠用迷彩服を採用し、邦人救出作戦に備えた。実際に出動はしなかったためこの迷彩服が使用されることは無かったが、後のイラク派遣の際には陸上自衛隊と異なり3Cデザート(コーヒーステインパターン)の砂漠用迷彩服を使用している。

車輌[編集]

陸上自衛隊の車輌は元々オリーブドラブ単色で塗装されていたが、1990年代に入り、茶色や黒などを使った大柄の迷彩塗装が施されるようになった。現在の陸上自衛隊の車輌の大半(トラックなどは除く)はこの迷彩塗装が施されているが、イラク派遣の際には迷彩服と同じく"日本の平和復興部隊の駐留"であることを強調するためにOD単色に塗り替えて派遣された。航空自衛隊はパトリオットミサイル軽装甲機動車のような戦闘車両を保有しているが、陸上自衛隊のように迷彩塗装は施しておらずOD単色で塗装されている。

航空機[編集]

陸上自衛隊の航空機は回転翼機・固定翼機ともに車輌のものと同じ迷彩塗装が施されている。航空自衛隊の航空機には、空中や駐機中に効果を発揮するグレー単色塗装(F-15F-4など)、海上を飛行する際に効果を発揮する海洋迷彩(F-2、F-4、UH-60J)低空飛行時に効果を発揮する森林迷彩(RF-4)の3種類が採用されている。海上自衛隊ではP-3CSH-60Jといった航空機に視認性が高い白やグレーを使った塗装(ハイビジ塗装)を施していたが、近年になって方針を変更し、チャフフレア・ディスペンサーやミサイル警報装置の追加と同時に視認性が低いグレー塗装(ロービジ塗装)に塗り替えている。

光学迷彩[編集]

現時点ではサイエンス・フィクション上の概念にすぎないが、研究が進められている。

ファッションと芸術における迷彩[編集]

迷彩柄のミニスカート

軍事用に開発された迷彩・カモフラージュのパターンは「迷彩柄」、「カモフラージュ柄」として民間のファッション芸術作品に取り入れられている。

黎明期[編集]

1914年にフランス軍の車両に最初の迷彩パターン塗装が施されたとき、ドイツ帝国軍進攻までの3週間にパリファッションデザイナーはそれらを観察して、その抽象的なパターンを婦人服に取り入れた。つまり、迷彩柄は軍服・戦闘服に採用されるより前に民間のファッションに取り入れられていたのである。

最初に迷彩・カモフラージュを絵画に取り入れたアーティストジャン=ルイ・フォランシャルル・カモワンジャック・ヴィヨンルイ・マルクーシらフランスのポスト印象派、またはフォーヴィスム派であった。同時に、彫刻の分野ではアルフレッド・ブーシェシャルル・デスピオらがこれを取り入れていた。迷彩柄の破壊的なパターンはパブロ・ピカソキュビスムのアーティストによって開発されたという説もあるが、彼らが軍に雇用されていた記録は残っておらず、立証には至っていない。

1960年代以降[編集]

軍港として栄えるアメリカ合衆国サンディエゴMLBチーム、サンディエゴ・パドレスは毎年4月の「ミリタリー・オープニングデー」において迷彩柄のユニフォームを着用している。

二つの世界大戦を経て迷彩柄は徐々に軍国主義的なイメージを帯びるようになり、戦後しばらくは芸術やファッションの分野で使用されることはなかった。

しかし、1960年代以降のアーティスト達は軍事発祥であるという起源を無視して、または逆に反戦のメタファーとして「隠蔽し、歪曲させる」という迷彩柄独特の手法と概念を大胆に作品に取り入れだした。

例えばアンディ・ウォーホルの「Camouflage Self-Portrait」(1986年)や、アラン・ジャケーによる1961年から1970年代までの作品群、イアン・ハミルトン・フィンレーヴェルーシュカホルガー・トリュルシュによる共同作品「Nature, Signs & Animals」(1970年)、「Mimicry-Dress-Art」(1973年)や、トーマス・ヒルシュホルンによる「Utopia : One World, One War, One Army, One Dress」(2005年)などがこれにあたる。

迷彩柄の衣類も徐々に普段着として浸透していった。アメリカ軍払い下げの丈夫で安い戦闘服はまず合衆国とその他の国の狩猟ハンター達の間で市場を見つけた後、各国軍が恒常的に払い下げを行ったため、特に戦争への嫌悪感の薄かった戦勝国を中心にさらにその市場を拡大していった。

迷彩服に身を包む反戦運動家(左から二人目)

迷彩服に限らず、1960年代には戦闘服を普段着として着用することがますます一般的になっていった。VVAWなどの反戦運動家達は反戦のシンボルとしてこれを着用していた。ベトナム戦争終結後にはオリーブドラブの戦闘服に代わって迷彩柄のものが人気を博した。

1970年代に入ると、迷彩柄は反戦のシンボルというよりも若々しさや反規律や反秩序を象徴するデザインとして受け入れられていき、ついにはハロー・キティの衣装や、野球ユニフォームなどにまで採用されるようになっていったのである。

ハイファッションの分野ではジャン=シャルル・デ・カステルバジャックローランド・チャカルスティーブン・スプルースフランコ・モスキーノらが1990年代までに迷彩柄を使用した。

1990年代以降[編集]

迷彩柄のジャケットを羽織るファレル・ウィリアムス

1990年代以降も迷彩柄の使用は一過性の流行に終わることはなく、ジョン・ガリアーノクリスチャン・ディオール)、マーク・ジェイコブスルイ・ヴィトン)、コム・デ・ギャルソンシャネルトミー・ヒルフィガードルチェ&ガッバーナイッセイ・ミヤケアルマーニイブ・サンローランなどのデザイナーとブランドが迷彩柄を取り入れたデザインを発表した。

Zoo YorkA BATHING APEマリテ+フランソワ・ジルボーストーン・アイランドなどのブランドは迷彩柄に他のシンボルを溶け込ませたり、明るい色合いを使用した「ニセ迷彩柄」テキスタイルを多くデザインした。

バルバドスアルバなど西インド諸島のいくつかの国では法律で迷彩柄の着用が禁止されている[2]

画像[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ノルマンディー上陸作戦で第2機甲師団第41機甲歩兵連隊の兵が着用していたが、ドイツ軍武装親衛隊と誤認され同士討ちが発生し、使用が中止された。
  2. ^ Blechman/Newman, Hardy/Alex (2004). DPM: Disruptive Pattern Material. Department of Publications, Maharishi. ISBN 0-9543404-0-X.

外部リンク[編集]