返回式衛星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

返回式衛星(Fanhui Shi Weixing, FSW)は、中華人民共和国大気圏再突入可能な人工衛星シリーズ。軍民両方の目的で打上げられた。最も新しい打上げは2006年9月9日のSJ-8である。

FSW-0、FSW-1、FSW-2、FSW-3という4つのモデルの存在し、全てが長征ロケットで打ち上げられた。最も多いのは長征2号Cである。

歴史[編集]

FSWの開発起源と第2期有人飛行計画(1978年に写真を含む詳細がわずかに公表されたが、1980年に突然中止になった)についての情報が欠如しているが、おそらく最初のモデルのFSW-0は当初、1970年代初頭に計画された有人飛行計画曙光1号の代わりに有人飛行用に設計されたと考えられている[1]

1975年11月26日、酒泉衛星発射センターから初の返回式衛星(FSW-0-2)が打ち上げられた。同月29日、貴州省の特別地区(六枝特区)に着陸し、ミッションは成功した[2][3]。これによって中国はソビエト連邦アメリカ合衆国に次いで、世界で3番目に衛星回収技術を獲得し[4]、1978年から1980年の第2期有人飛行計画、1980年代後半の第3期有人飛行計画(863計画)、1992年以降の神舟計画に繋がった。

なお当時のヨーロッパでは、風暴1号長征2号の打上げが数十回成功し、1978年1月26日の最終的なリハーサルも成功した後、1978年12月(別の情報源では、1989年1月7日とも)に有人のFSWが打上げられたものの、宇宙飛行士が死亡して失敗し、この計画が終了したと噂されていた[1]

1993年に打ち上げられたFSW-1-5は、大気圏再突入時の噴射に失敗により、制御不能な軌道に入る事態となってしまった。大気中で燃え尽きない衛星がどこに落下するのか予想出来ず大騒ぎになったが、最終的に南太平洋に落下し、回収に失敗したものの被害は無かった[5][6]

世代間の比較[編集]

  • FSW-0
返回式衛星の第1世代で、主に中国国内の土地と資源の調査に使用された。この世代の衛星は全てプリスムスキャンカメラを搭載していた。軌道制御システムは搭載されていなかったので、軌道の減衰は早く、他の世代に比べ軌道滞在時間が比較的短い。着陸の精度も比較的低い。
  • FSW-1
この世代はより強力なカメラを搭載していた。この世代の衛星は主に地理学的な地図の製図に使用された。解像度は10m程度。
  • FSW-2
  • FSW-3
FSW-0 FSW-1 FSW-2 FSW-3
質量 (kg) 1800 2100 2800~3100
体積 (m3) 7.6 7.6 12.8
回収時の有効積載量 (kg) 260 260 400
打ち上げ時の有効積載量 (kg) 340 450 500~600
ミッション時間 (日) 3~5 8 15~17
軌道傾斜角 (°) 57~68 57~70 57~70
近地点 (km) 172~180 200~210 175~200
遠地点 (km) 400~500 300~400 300~400
周期 (分) ~90 ~90 ~90
打ち上げ機 長征2号C 長征2号C 長征2号D 長征2号CまたはD

飛行記録[編集]

名称 打ち上げ日 帰還日 打ち上げ時の質量 (kg) 帰還時の質量 (kg) 近地点 (km) 遠地点 (km) 周期 (分) 角度 (°)
FSW-0-1 1974/11/5 軌道投入失敗 1790 - - - - -
FSW-0-2 1975/11/26 1975/11/29 1790 600 181 495 91.2 63.0
FSW-0-3 1976/12/7 1976/12/10 1790 600 172 492 91.2 59.5
FSW-0-4 1978/1/26 1978/1/29 1810 650 169 488 91.2 57.0
FSW-0-5 1982/9/9 1982/9/14 1780 610 177 407 90.2 63.0
FSW-0-6 1983/8/19 1983/8/24 1840 630 175 404 90.2 63.3
FSW-0-7 1984/9/12 1984/9/17 1810 620 178 415 90.3 68.0
FSW-0-8 1985/10/21 1985/10/26 1810 620 175 409 90.2 63.0
FSW-0-9 1986/10/6 1986/10/11 1770 610 176 402 90.2 57.0
FSW-0-10 1987/8/5 1987/8/10 1810 650 172 410 90.2 63.0
FSW-1-1 1987/9/9 1987/9/17 2070 610 208 323 89.7 63.0
FSW-1-2 1988/8/5 1988/8/13 2130 640 208 326 89.7 62.8
FSW-1-3 1990/10/5 1990/10/13 2080 650 206 308 89.6 57.1
FSW-2-1 1992/8/9 1992/8/25 2590 640 175 353 89.1 63.1
FSW-1-4 1992/10/6 1992/10/13 2060 600 211 315 89.8 63.0
FSW-1-5 1993/10/8 回収失敗 2100 (650) 214 317 89.6 56.9
FSW-2-2 1994/7/3 1994/7/18 2760 770 178 333 89.5 62.9
FSW-2-3 1996/10/20 1996/11/4 2970 770 176 354 89.7 63.0
FSW-3-1 2003/11/3 2003/11/21
FSW-3-2 2004/8/29 2004/9/25
FSW-3-3 2004/9/27 2004/10/15
FSW-3-4 2005/8/2 2005/8/29
FSW-3-5 2005/8/29 2005/10/17
SJ-8 2006/9/9 2006/9/24 3000 173 336 89.60 63.0

出典[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]