近藤功司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

近藤 功司(こんどう こうし)は日本著作家編集者ゲームデザイナー冒険企画局代表。

略歴[編集]

ボードゲームカードゲームゲームブックテーブルトークRPGの分野で活動し、1987年に冒険企画局を設立する。設立のきっかけとなった企画には、「ウォーロック」誌(社会思想社)に掲載された黒川金山への取材があげられる。その後「ウォーロック」誌のメインライターとして活躍後、二代目の編集長も務める。またオリジナル作品としては、シェアード・ワールドである「ユキリア世界」を考案する。ゲームデザイナーとしては『アップル・ベーシック』の基本デザイン、カードゲームでもある『レムリカ銃士隊』シリーズなどを手がけ、コンピュータゲームのゲームデザインにも関わる。TRPG関連の著作もある。

日本独自の用語である「テーブルトークRPG」の元となる「テーブル・トークのRPG」という言葉を商業メディアで初めて提唱したと思われる人物でもある。テーブルトークRPG#用語「テーブルトークRPG」の起こりも参照。

ゲームマスターのプレイスタイルについて「ドラゴンマガジン」誌の連載でアンケートを行ない、シナリオ、ルール、ダイスの目をどの程度遵守するかについて調査した[1]テーブルトークRPGのプレイスタイル#ルールとシナリオの関係も参照。

著書でプロ野球のファンであること、スキーが趣味であることを明かしている[2]

編集者[編集]

  • ウォーロック - 34号・36号-63号(休刊まで)の編集長を務める

作品リスト[編集]

著書[編集]

テーブルトークRPG[編集]

カードゲーム[編集]

雑誌[編集]

  • 『私観ゲームブック論』 - 「シミュレイター」誌連載
  • 『ゲームの殿堂』 - 「ウォーロック」誌連載。ゲームブック、テーブルトークRPG、ボードゲームの評論
  • 『やっぱりRPGが好き!』 - 「ドラゴンマガジン」誌連載(後に単行本化。「著書」参照)
  • 『やっぱりRPGが好き! 特別編』 - ムック『まるごと一冊冒険企画局』掲載、2010年

コンピュータゲーム[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『やっぱりRPGが好き!』第4話-第8話
  2. ^ 『やっぱりRPGが好き!』340頁

関連項目[編集]

  • 多摩豊 - ゲームクリエイター。また、近藤功司が編集長だったウォーロック誌の初代編集長

外部リンク[編集]