近江国風土記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

近江国風土記(おうみのくにふどき)は、近江国風土記逸文であるため、内容は『帝王編年記』などの二次資料によるしかない。

断片的な文の中で特筆すべきなのは、伊香郡余呉湖に伝わる羽衣伝説竹生島の伝承に言及している箇所である。

余呉湖の羽衣伝説[編集]

古老伝に曰く、近江国伊香郡与胡郷の伊香小江(いかご の おえ)は、郷(さと)の南にあり。天の八女(やおとめ)、ともに白馬となり、天より降りて、江の南の津で浴す。伊香刀美(いか とみ)西山に有りて、遥かに白鳥を見る。その形奇異なるによりて、もしやこれは神人(かみこの)かと疑(おも)いて、住(ゆ)き是(これ)を見るに、実に神人なり。是に於いて、伊香刀美即(ただ)ちに感愛を生じ、環去するを得ず。窃(ひそか)に白犬をやり、天衣を盗み取り、弟(いうと)の衣を隠し得たり。天女、これを知り、その兄(あね)七人、飛びて天上に去る。その弟一人飛び去るを得ず。天路(あまぢ)、永く塞がり、即ち地民(ぢのたみ)となる。天女の浴(ゆあみ)せし浦を、今神浦という。伊香刀美、天女の弟女と、ともに室家をつくり、此れに居て、遂に男女を生む。男二人、女二人にして、兄の名を恵美志留(オミシル)、弟の名を那志等美(ナシトミ)、女の名を伊是理比咩(イセリひめ)、次女の名を奈是理比咩(ナセリひめ)という。これ此の伊香連等の先祖なり、後に母天の羽衣を捜し取り、着て天に昇る。伊香刀美、独り空床(からのとこ)を守り、嘆詠(たんえい)断(いた)えず。

解説[編集]

古代近江国の諸王の中で、自分の一族の始まりを神話と結び付ける王は、湖北の名族たる伊香連氏(いかごのむらじし)以外に確認されていない。この説話は伊香連氏の祖先が天女であるとする物語である。この伝承の裏には伊香氏の権威を強める意味があったと捉えられている[1]。白鳥となって降りてきた天女の意味は、白鳥が穀物の霊、特に稲の穀霊神として飛来[2]、当地が肥沃な土地である事を保証すると共に、天女を母方に持つ事によって、その血統を高めたいという意図があったと考えられている。また、『新撰姓氏録』に記述される「臣知人命(オミシルヒトのミコト)」は、この風土記逸文で紹介されている伊香刀美と天女の間にできた恵美志留(オミシル)と同一人物と考えられている。

竹生島の伝承[編集]

また云へらく、霜速比古命(しもはやひこのみこと)の男(こ)、多々美比古命(たたみひこのみこと)、是(こ)は夷服(いぶき)の岳の神といふ。女(むすめ)、比佐志比女命(ひさしひめのみこと)、是は夷服の岳の神の姉(いろね)にして、久恵(くえ)峯にいましき。次は浅井比咩命(あさいひめのみこと)、是は夷服の神の姪にして、浅井の岡にいましき。ここに、夷服の岳と、浅井の岡と、長高(たかき)を相競いしに、浅井の岡、一夜に高さを増しければ、夷服の岳の神、怒りて刀剣(つるぎ)を抜きて浅井比賣( - ひめ)を殺(き)りしに、比賣の頭(かしら)、江(うみ)の中に堕ちて江島(しま)と成りき。竹生島と名づくるはその頭か。

解説[編集]

当伝承上、語られる「タタミヒコの命」は『竹生島縁起』の気吹雄(いぶきお)命に当たるが、他に見えない神名である[3]。また、『竹生島縁起』によれば、「シモハヤヒコの命」は、気吹雄命・浅井姫命・坂田姫命の父神と記述されているが、神の系譜については不明[4]。浅井姫は、縁起では「妹」と記されており、本文の書式でも妹という語りのため、姪は誤りか。

久恵峯については所在地不明だが、縁起における坂田姫命と同神とした場合、伊吹山の南の、坂田郡の霊山(1084メートル)に比定する説もある[5]

山の丈比べ伝説であるが、部族間の勢力争いが語られているともされる[6]

八張口神社の伝承[編集]

近江の風土記に曰はく、八張口(やはりぐち)の神の社。すなわち、伊勢の左久那太李(さくなだり)の神を忌みて、瀬織津比咩(せおりつひめ)を祭れり。云々。

解説[編集]

「サクナダリ」とは、水流が急で、激しく流れ下る様をいい、それを神の業としたもので、神の霊力を恐れたという文[7]

風土記自体の特徴[編集]

現存する風土記逸文の中では、唯一、「古老伝曰く」といった伝承体であり(あくまで逸文中では)[8]、現在でいうところの「白鳥処女説話」の類型に属し、昔話にある「天人女房」の源流に位置する物語とみられる[9]

脚注[編集]

  1. ^ 特別展『湖北の王たち』=神功皇后から継体天皇へ= p.68
  2. ^ に関連した伝説にも同様の白鳥=穀物霊信仰が見られる(餅の歴史参照)。
  3. ^ 参考・『風土記 日本古典文学大系』 岩波書店 pp.458 - 459.脚注参照。
  4. ^ 同書、脚注を一部参考。
  5. ^ 同書、脚注を一部参考。
  6. ^ 同書、脚注一部参考。
  7. ^ 同『風土記 日本古典文学大系』脚注参照。
  8. ^ 大久間喜一郎編 『古代説話 風土記篇』 おうふう 初版10刷1995年(1刷1983年) p.39
  9. ^ 同書 p.39より

参考文献[編集]

  • 『風土記 日本古典文学大系』 岩波書店 第14刷1971年 pp.458 -459
  • 「特別展『湖北の王たち』=神功皇后から継体天皇へ=」 市立長浜城歴史博物館 2002年

関連項目[編集]

  • 伊香具神社 - 逸文中に記述される伊香刀美を神霊として祀る