近代西洋儀式魔術

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

近代西洋儀式魔術(きんだいせいようぎしきまじゅつ、Western magical traditions in modern times)は、近現代における西洋の儀式魔術英語版 (Ritual magic) であり、隠秘学ないし秘教の一分野である。本項では、さまざまな西洋秘教伝統英語版 (Western mystery tradition) の中でも特に、黄金の夜明け団に代表される19世紀末から20世紀にかけての英語圏の儀式魔術復興運動とその派生について扱い、「近代西洋儀式魔術」をそれらの総称として用いることとする(東洋魔術や近代以前の儀式魔術との区別のための便宜上の造語であり、出版媒体等で広く流通している用語ではない)。

概説[編集]

文化人類学では広義の呪術について呪術 (magic)、邪術 (sorcery)、妖術 (witchcraft) といった分類がなされるが、それとは別に、現代の英米の実践家の間では魔術 (magic) と妖術 (sorcery) と魔女術 (witchcraft) はある程度区別される用語となっている。鏡リュウジのまとめたところによると、大まかに以下の二つに分けられる[1]

儀式魔術 (Ceremonial magic)
高等魔術 (High magic) とも。ネオプラトニズム的な階層構造をもつ、カバラ[2]を中心とした枠組みに基づく秘教体系。19世紀末の黄金の夜明け団が体系化した。古代エジプトギリシアの神話伝説のシンボリズムを折衷的に取り入れ、儀式や瞑想を行う。
ペイガン魔術 (Pagan magic)
魔女術を含む、呪術的な面を有する先キリスト教のヨーロッパのペイガニズム復興運動(ネオペイガニズム)。自然魔術とも(ルネサンス思想史の文脈で言われる自然魔術とは別)。

歴史[編集]

ルネサンス期、儀式魔術 (: Magia ceremonialis) という言葉は霊と交渉する魔術(降霊術)の類を指し、キリスト教的な通念では異端的な忌まわしいものとされていた。こうした古典的な儀式魔術はグリモワールと呼ばれる古い魔術書群に遺されている。一方、一部の人文主義者らは自然の理に基づいた賢者の知恵としての魔術、すなわち自然魔術 (: Magia naturalis) に言及している。中でもハインリヒ・コルネリウス・アグリッパが著した『隠秘哲学』三書は後代の魔術に大きな影響を与えた。

近代の英国では、19世紀までカニングマンと呼ばれる人々を担い手とする民衆魔術の伝統が生き残っていたが、一方でゴシック趣味が隆盛した18世紀には、魔術への多分にロマン主義的・中世趣味的な関心が呼び覚まされた[3]。19世紀初頭にはフランシス・バーレット英語版がアグリッパやグリモワールの魔術をまとめ上げ、The Magus を著した。これは英国における魔術復興の嚆矢となった[4]。19世紀半ばのフランスではエリファス・レヴィが『高等魔術の教理と祭儀』などを著し、魔術思想を説いた。そして19世紀末のイギリスにできた魔術結社、黄金の夜明け団は、メーソン薔薇十字的儀礼とカバラと古典的な儀式魔術とを総合・体系化し、魔術に新たな息吹を吹き込んだ。この出来事を魔術史家フランシス・キング英語版は魔術の「復興」と表現している。

アレイスター・クロウリーは、1913年に発表された『第四の書』第二部において魔術の表記を magic から Magick に転換した。これは自分の提唱する魔術を手品や洗練されていない旧来の魔術から区別するために、19世紀以前に用いられた近代英語の古い綴りを復活させたものであった[5]。英語では magic(k) の一般的な発音は [mædʒɪk] であるが、クロウリー流の Magick の場合には mage-ick [meɪdʒɪk] と発音する人もいる[6]。クロウリーの提唱した"Magick"概念の内容については魔術 (セレマ)を参照。

周辺領域[編集]

セレマ Thelema
アレイスター・クロウリーが創始した宗教/実践哲学。聖典は『法の書』、儀式魔術とヨーガの実修、「グノーシスのミサ」という宗教儀礼などがある。
ウイッカ Wicca
ジェラルド・ガードナーによって20世紀中葉に復興した宗教。ガードナー派ウイッカ英語版と、アレックス・サンダース英語版の創始したアレクサンダー派ウイッカ英語版がある。「影の書英語版」という奥義書を個々人が所持し、使用する。マーガレット・マリー英語版の学説からの影響が指摘される。自然主義的な意図により裸 (skyclad) で儀式を行うとされるが、今日では服を着て儀式を行うグループが多い。
ウイッチクラフト Witchcraft (魔女宗、魔女術)
ガードナー派およびアレクサンダー派ウイッカ、レイモンド・バックランドシークス・ウイッカ英語版スザンナ・ブダペスト英語版ダイアニク派英語版、その他の分派や、特定の流派に属さないソロの自称ウイッカン/魔女等のさまざまなネオペイガンを包含する[7]
左道 Left Hand Path
セトの寺院英語版など。
ケイオスマジック Chaos magic

技法[編集]

行法[編集]

  • 逆向き瞑想 Reverse Meditation
  • リズム呼吸 Rhythmic Breathing四拍呼吸
  • 瞑想 Meditation:受動瞑想と能動瞑想
  • 日拝 Four Adorations
  • 小五芒星追儺儀式 the Lesser Banishing Ritual of the Pentagram 略称 LBRP
  • 中央の柱 the Middle Pillar

道具[編集]

四大元素武器や各種ワンド(杖)等の道具は自分で作成して聖別することになっている。

  • 儀式魔術
    • 四大元素武器 Elemental weapons
      • 四大元素を象徴する火の棒、水の杯、風の短剣、地のペンタクル。流派によっては棒(杖)を風の象徴とし、短剣を火の象徴とする。
    • ロータスワンド Lotus wand
      • 黄道十二宮の12色に塗り分け、先端に睡蓮の花を模したものを取り付けた棒。
    • 短剣 Dagger
      • 小五芒星儀式などで用いられる汎用の短剣。元素武器の風の短剣とは区別される。
    • 魔法日記 Magical Diary
      • 行った訓練や儀式の内容、状況、感想などを記録。
    • タロットカード Tarot pack
  • 魔女宗
    • アセイミーまたはアサメイ Athame
      • 黒い柄の両刃のナイフ。
    • ペンタクル Pentacle
      • 五芒星などが描かれた円盤状のもの。
    • チャリス Chalice
    • コールドロン Cauldron
      • 魔女の大釜。

儀礼[編集]

  • 儀式魔術
    • イニシエーション(秘儀参入の儀式)
    • 春分・秋分の儀式
  • 魔女宗
    • イニシエーション
    • サバト:年8回の季節の祝祭
    • エスバト:満月の夜の集会

組織[編集]

儀式魔術
結社には上位組織と下位組織がありそれぞれに位階がある。
結社内にアウター(外陣、5位階)、インナー(内陣、実質は5=6アデプタス・マイナー)の2層。
魔女宗
13人のカヴンである。13人以上になるとカヴンを分ける。

人物[編集]

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鏡 2003, pp. 18-20.
  2. ^ ユダヤ教カバラ (Kabbalah) の伝統そのものではなく、ルネサンス期以来のクリスチャン・カバラ英語版 (Cabala) の影響を受けた、ヘルメス的カバラ英語版 (Qabalah) とも称されるもの。
  3. ^ キング & 江口訳 1994, p. 23
  4. ^ 吉村 2013, p. 40.
  5. ^ クロウリーの『第四の書』第二部 (Book Four, Part II) の脚注に「マギの学をそのあらゆる紛い物から区別するために Magick という古い綴りを採用する」旨が記されている。
  6. ^ ウィルソン & 武邑監訳 1994, p. 119.
  7. ^ ウイッチクラフト、ウイッカ、魔女宗といった言葉の適用範囲については、楠瀬啓「ウイッカ、クラフト、ウイッチクラフト ~「魔女宗」の混乱~」(2014年9月23日閲覧)を参照のこと。以下、本項ではウイッチクラフトとウイッカの双方を含むものとして魔女宗という呼称を用いることとする。

参考文献[編集]

  • 鏡リュウジ 『鏡リュウジの魔女入門』 柏書房、2003年。
  • 吉村正和 『図説 近代魔術』 河出書房新社、2013年。
  • ロバート・A・ウィルソン 『コスミック・トリガー』 武邑光裕監訳、八幡書店、1994年。
  • フランシス・キング 『黄金の夜明け魔法大系5 英国魔術結社の興亡』 江口之隆訳、国書刊行会、1994年。

関連書[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]