輪違屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
輪違屋
輪違屋
情報
用途 置屋兼揚屋
構造形式 木造瓦葺
延床面積 528.92㎡ m²
階数 二階建
竣工 安政4年(1857年)
改築 明治4年(1871年)
所在地 下京区西新屋敷中之町
位置 北緯34度59分33.889秒
東経135度44分40.592秒
座標: 北緯34度59分33.889秒 東経135度44分40.592秒
文化財指定 京都市指定・登録文化財
指定日 昭59年6月1日
テンプレートを表示
輪違屋の太夫が日本舞踊をする

輪違屋(わちがいや)とは、現在も営業されている京都花街島原の置屋兼お茶屋である。

創業は元禄元年(1688年)、置屋として始まる。置屋として創業当時の名は「養花楼」。お茶屋兼業は明治5年(1872年)より。現在の建物は安政4年(1857年)に再建されたものであり、明治4年(1871年)にほぼ現在の姿となった。

かつては芸妓等も抱えていたが、現在は太夫のみを抱え、太夫の教育の場であり、また、宴席の場として営まれている。表に「観覧謝絶」の札がある(いわゆる「一見さんおことわり」の店である)。

建物は昭和59年(1984年)に京都市の指定・登録文化財となった。太夫道中に使われる傘を襖に貼り込んだ「傘の間」、本物の紅葉を使って型取りしたうえに彩色した壁が使われた「紅葉の間」が特徴的である。いずれももともとは当主の部屋であった。傘の間の傘には「高」(正確には髙島屋のマークの「高」の字体と同じ)の文字が入っているがこれは当主の姓が「高橋」だったということに由来する。

1階には近藤勇書の屏風が、2階には桂小五郎書の掛軸がある。

浅田次郎小説およびテレビドラマの『輪違屋糸里』で有名だが、糸里が輪違屋にいた との記録は輪違屋側にはない。 「維新の名花」といわれた「桜木太夫」を抱えていたのはここである(糸里が「桜木太夫」となる小説・ドラマでのエピソードはフィクション)。

文献[編集]

  • 石原哲男『京・嶋原太夫』京都書院、1991年
  • 高橋利樹『京の花街「輪違屋(わちがいや)」物語』(PHP新書)、PHP研究所、2007年8月、ISBN 4569693784
  • 京都府文化財保護基金/編『京都の明治文化財 第1編 改訂版 建築.庭園.史跡』京都府文化財保護基金、1974年
  • 京都市文化観光局文化部文化財保護課『京都市の文化財 建築物・文化財環境保全地区 京都市指定・登録文化財集』京都市文化観光局、1992年

外部リンク[編集]