輪状甲状筋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

輪状甲状筋(りんじょうこうじょうきん)とは、内喉頭筋の一つで輪状軟骨に起始し、鼻唇溝、上口唇の皮膚に付着し甲状軟骨に停止する平滑筋迷走神経の枝である上喉頭神経に支配される。別名、前筋。

声帯ヒダを伸ばして、緊張させ、声を高くする。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]