軟質亜綱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軟質亜綱
Young lake sturgeon.jpg
Acipenser brevirostrumチョウザメ目
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
亜綱 : 軟質亜綱 Chondrostei
下位分類
本文参照

軟質亜綱(なんしつあこう、Chondrostei)は、条鰭綱に属する魚類の下位分類群の一つ。およそ4億年前のデボン紀に出現した、原始的な硬骨魚類の一群である。石炭紀三畳紀にかけて繁栄したが、その多くはジュラ紀までに衰退し、現生種として生き残った仲間は唯一チョウザメ目(2科6属27種)のみとなっている。

概要[編集]

Platysomidae 科の1種(Mesolepis scalaris)。上下非対称の尾鰭(異尾)など原始的な特徴を残す

軟質亜綱は古生代デボン紀に出現し、分岐鰭亜綱ポリプテルス目のみが所属)とともに最も原始的な硬骨魚類と考えられている[1][2]。より系統の古い軟骨魚類との最大の違いは骨格の硬骨化であるが、軟質亜綱では硬骨化は部分的なものにとどまり、骨格の大半は軟骨で構成される[3]

古生代の石炭紀・ペルム紀中生代三畳紀にかけて世界の海洋淡水域で繁栄したが、ほとんどはジュラ紀までに絶滅し、完全な硬骨化による頑丈な体格と敏捷な運動性をともに獲得した新鰭亜綱(2万6千種以上が所属する、現生魚類として最大のグループ)の仲間にその地位を譲ることになった。

2006年現在、軟質亜綱には少なくとも11目30科が記載されている[1]。そのうち現生種を含むのはチョウザメ目のみで、残る10目は化石種のみの絶滅群である。本亜綱の魚類に共通する形態学的な特徴としては、間鰓蓋骨を欠くこと、前上顎骨と主上顎骨は外翼状骨および口蓋骨の一部と強固に接着することなどがある[1]。また、多くの種類では尾鰭が上下非対称な異尾となっている[3]

分類[編集]

軟質亜綱には現生種としてチョウザメ目2科6属27種が知られるほか、10目の絶滅群が所属するとみられるが[1]、その分類体系は極めて不安定である。それぞれの種の化石から見出される形態学的特徴は多様性に富み、亜綱全体のみならず、所属する各グループの単系統性も明らかではない。かつて本亜綱に含められていたポリプテルス目は、Nelson(2006)の体系において独立の分岐鰭亜綱 Cladistiaとして位置付けられるようになった。

以下に2006年までに知られている11目の分類体系を系統順位に沿って示すが、Haplolepidae 科(2属を含む)など、いずれの目にも含まれていない所属未定のグループも多数存在する。2004年にCloutier および Arratia は、所属未定の Dialipina 属を残るすべての条鰭綱魚類の姉妹群とみなし、以降系統順に Cheirolepididae 科・Mimia 属および Moythomasia 属・Osorioichthys 属さらにKentuckia 属へ連なるとする仮説を提唱した[4]

Acrolepidae 科の1種 Ptycholepis bollensis (Palaeoniscoidei 亜目)
Birgeriidae 科の1種 Birgeria sp. (Palaeoniscoidei 亜目)。尾鰭は上葉が長く伸びた異尾となっている
Palaeoniscidae 科の1種 Palaeoniscus freieslebeni (Palaeoniscoidei 亜目)
Platysomidae 科の1種 Platysomus gibbosus (Platysomoidei 亜目)。円盤状の体型が特徴で、体は硬鱗で覆われる
Saurichthyidae 科の1種Saurichthys curionii (Saurichthyiformes 目)。長く突き出た吻をもち、尾鰭は上下対称
Saurichthyidae 科の1種Saurichthys seefeldensis (Saurichthyiformes 目)の想像図。強力な捕食者であったと推測されている
Thoracopteridae 科の1種 Thoracopterus magnificus (Perleidiformes 目)

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d 『Fishes of the World Fourth Edition』 pp.90-95
  2. ^ かつて軟質亜綱に所属していたポリプテルス目は、Nelson(2006)において独立の亜綱である分岐鰭亜綱 Cladistia となった。
  3. ^ a b 『魚学入門』 pp.23-24
  4. ^ Cloutier R, Arratia G (2004). Recent advances in the origin and early radiation of vertebrates. München: Verlag Dr. Friedrich Pfeil. 
  5. ^ Lund R (2000). “The new Actinopterygian order Guildayichthyiformes from the lower carboniferous of Montana (USA)”. Geodiversitas 22 (2): 171-206. 
  6. ^ Tintori A, Sassi D (1992). “Thoracopterus Bronn (Osteichthyes: Actinopterygii): a gliding fish from the upper Triassic of Europe”. J Vertebr Paleont 12 (3): 265-283. 

関連項目[編集]

参考文献[編集]