軟性下疳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軟性下疳菌

軟性下疳(なんせいげかん)とは、軟性下疳菌(Haemophilus ducreyi)を原因菌とする性行為感染症、旧性病予防法に定める性病である。日本では症例は少なく、アフリカや東南アジアに多い。

接触感染後1~7日の潜伏期を経て、生殖器に発赤、膿胞から潰瘍(下疳)を生じ、痛みや出血を伴う。そののち鼠径リンパ節が痛みを伴って腫脹(黄根)化膿し、自潰(じかい)するようになる。

発育にはX因子を必要とする。