軍用列車 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
軍用列車
Breakheart Pass
監督 トム・グライス
脚本 アリステア・マクリーン
原作 アリステア・マクリーン
製作 ジェリー・ガーシュウィン
製作総指揮 エリオット・カストナー
出演者 チャールズ・ブロンソン
ベン・ジョンソン
ジル・アイアランド
リチャード・クレンナ
チャールズ・ダーニング
エド・ローター
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ルシアン・バラード
編集 バイロン・ブランド
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 日本の旗 1976年2月14日[1]
アメリカ合衆国の旗 1976年5月5日[2]
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

軍用列車』(ぐんようれっしゃ、原題:Breakheart Pass)は、1975年公開のアメリカ映画である。

ストーリーは、アリステア・マクリーンの小説『軍用列車』をマクリーン自身が脚色したものである。撮影は主にアイダホ州のピアースとルーベンスで行われ[3]、列車のシーンはグレート・ウェスタン鉄道蒸気機関車を使用し、カマス・プレーリー鉄道で撮影された[4]

あらすじ[編集]

ジフテリアが流行し全滅しかけている兵士の補充要員として、軍を送るために砦に向かっていた、フェアチャイルド知事と姪のマリカ、牧師のピーボディらを乗せた軍用列車が途中ネバダ州のマートルという町に停車した。

保安官のネイサン・ピアースは、砦にカルフーンという犯罪者を引き取りに行くため軍用列車に乗せるように頼んだが断られる。そのころ、町の酒場ではジョン・ディーキンという脱獄犯がいかさまをして騒ぎになっていた。ディーキンが軍需品を爆破させたことを知ったピアースは、ディーキンを砦まで連れて行くために自分も乗せるように言った。砦に向かって出発した列車の中で、医師のモリノーが死亡する。医師の資格を持っていたディーキンによって、モリノーが病気ではなく何者かに殺されたことが判明する。その後、補充要員の兵士が乗る寝台車が意図的に切り離され転覆し全滅させられてしまう。

ディーキンは犯人を捜すために一人で調査を始めた。そして、知事と保安官のピアースらが犯人であること突き止める。ディーキンはクレアモント少佐とマリカに自分は秘密捜査官で、殺されたピーボディは牧師ではなく自分と組んでいた情報局員であることを語った。ジフテリアが流行しているという話も嘘で、カルフーンがホワイトハンドら先住民と組んで砦を押さえており、知事らは盗品の武器を先住民に渡して味方につけ、金銀を盗むつもりだという。少佐とディーキンは、それを阻止するため線路を爆破し列車を止め、少佐が砦の兵士を連れて知事ら一味と先住民相手に戦う。そして少佐とディーキンは勝利し、マリカは父と再会を果たした。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
DVD版 TV版
ジョン・ディーキン チャールズ・ブロンソン 大塚周夫 森山周一郎
ネイサン・ピアース ベン・ジョンソン 加藤精三 塩見竜介
マリカ ジル・アイアランド 渡辺美佐 沢田敏子
フェアチャイルド知事 リチャード・クレンナ 谷口節 森川公也
オブライエン チャールズ・ダーニング 岩田安生
モリノー デヴィッド・ハドルストン 岡江修
クレアモント少佐 エド・ローター 金尾哲夫 日高晤郎
ピーボディ ビル・マッキニー 内田直哉
カルロス アーチー・ムーア
ヘンリー ジョー・カップ 佐々木省三
バンロン ロイ・ジェンソン 島香裕
ホワイトハンド エディ・リトル・スカイ 辻親八
カルフーン ロバート・テシア 水野龍司
ラファティ スコット・ニューマン 青木誠
ジェボ ダグ・アトキンス 大水忠相
ジェーン サリー・カークランド 若泉絵子
赤ひげ ジョン・ミッチャム 武虎

スタッフ[編集]

  • 監督:トム・グライス
  • 製作:ジェリー・ガーシュウィン
  • 製作総指揮:エリオット・カストナー
  • 原作・脚本:アリステア・マクリーン
  • 撮影:ルシアン・バラード
  • 音楽:ジェリー・ゴールドスミス
  • 美術:タンビ・ラーセン
  • 編集:バイロン・ブランド
日本語版スタッフ
  • 字幕版
    • 字幕:飯嶋永昭
  • 吹替版(DVD版)
    • 演出:清水洋史
    • 翻訳:佐藤一公

脚注[編集]

外部リンク[編集]