軌陸車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツのフィルンハイムで使用されているベンツ・ウニモグ
架線点検用の軌陸車

軌陸車きりくしゃ)とは、軌道道路の両方を走ることのできる車両である。一般的に、鉄道保線用などに使用される。

概要[編集]

「軌陸車」とは、線路等の工事又は作業に使用する機械で軌道及び一般道路を走行できるものをいい、保守用車に含まれる。

通常の保線用鉄道車両は、終列車が通過して線路閉鎖が行われてから車庫を出発し、現場への移動をするという時間ロスを生じるが、この軌陸車であれば予め現場付近の踏切横などで待機しておき、線路閉鎖後にそこから入線し最小限の移動で迅速に作業を開始することが可能である。このため特に作業時間が限られる都会の大手私鉄などで重宝されている。

基本的にはトラックなどをベースに、軌道走行用の装備を付けたものである。軌道への乗り入れは、保線部門敷地の専用スロープや踏切からされる。自動車としての区分上は特種用途自動車(いわゆる8ナンバー)に分類される。ラフテレーンクレーンに軌道走行装置を取り付けたものは、大型特殊自動車9ナンバー)に分類される。 道路上では一般の自動車として走行し、線路上では油圧などでレール上に鉄輪を降ろして走行する。線路上を走るときにエンジンの動力をレールに伝える手段としてはタイヤ駆動(後輪ゴムタイヤを鉄輪と同時にレール面に接触させて推進する方式(デュアル・モード・ビークルなど))と鉄輪駆動(タイヤから摩擦車の原理で動力を伝える方式、あるいは油圧モーターで直接駆動する方式など)がある。軌道上では道路上ほどの走行性能が得られない場合が多いが、保線などの作業用では速度は問題にならない。

タイヤ駆動式は駆動タイヤが車両限界をはみ出る為、今後は鉄輪駆動式が主流になる。

過去には、軌陸ユニット(鉄輪&方向転換装置)の重量が大きいので、普通免許(現、中型免許(8t))で運転可能な車体総重量(8t)の車両として登録したものの、一部作業ユニットを取り付けない状態で登録申請を行っていたために、後の車検時に、作業ユニット取付状態での総重量違反が発覚するという事案が発生した。

公道を走行できない物として、軌道走行装置を備えたパワーショベル、車輌入換機(ANT50・ANT100)などがある。

軌陸車と軌道回路[編集]

もし軌陸車の左右鉄輪間が導通しているならば軌道回路により軌陸車は検知されるかもしれないが、その重量が軽いため接触不良を起こし確実とはいえない。左右の鉄輪間が絶縁されているならば軌道回路により検知されないので踏切等での誤動作は避けられるが、線路閉鎖が必須となる。一般に保線作業は営業運転されていない時間(終電から始発電車まで)に行われるため、線路閉鎖し信号システムに影響を与えない様、絶縁して使用されることが多い。

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]