車両制限令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
車両制限令を超過するため特殊車両通行許可を受けた車両において、制限緩和事項(長さ・幅・軸重)が車体に表記されている例

車両制限令(しゃりょうせいげんれい、昭和36年7月17日政令第265号)とは、道路法第47条第1項に基づき、道路の構造を保全し、又は交通の危険を防止するため、通行できる車両の幅、重量、高さ、長さ及び最小回転半径等の制限を定めた政令である。

この制限を超える車両は道路法第47条第2項により、道路の通行が禁止されている。

なお、この制限を超える車両を通行させる場合、車両制限令第3条の制限を超えるものは、道路法第47条の2第1項の特殊車両通行許可を、車両制限令第3条の制限を超えないもので、車両制限令第5条から第7条までの制限を超えるものは、車両制限令第12条の特殊車両通行認定を受ければ、通行することができる。いずれの場合も、徐行等の条件が付される場合がある。

また、ここでいう道路とは、道路法上の道路をいい、臨港道路農道林道私道などには、道路法および車両制限令は適用されない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]