身欠きニシン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
身欠きニシンの甘露煮を使用した駅弁(鰊みがき弁当北海道函館駅

身欠きニシン(みがきニシン)とは、ニシン干物のことである。

概要[編集]

かつて北日本、特に北海道日本海沿岸では、春になれば海が白子精子)で白く染まるほどニシンが押し寄せ、漁村は豊漁に沸き立った。しかし水揚げされた鰊は、生の状態では、日持ちがしない。冷蔵技術が発達していない時代は、内臓や頭を取り除いて乾燥させるのが一番合理的な保存法だった。大量の鰊を日本各地に流通させるため、干物に加工したものが身欠き鰊である。

名称由来[編集]

「身欠き」とは、戻した干物が筋ごとに取れやすくなることからついた俗称で、「磨きにしん」という表記は誤りである。また、脂の少ないものが上物とされ「上干」という。

利用[編集]

魚の干物は焼いて食される場合が多いが、身欠きニシンは米の研ぎ汁に1週間ほど漬けて戻した後、煮物甘露煮などに加工して食べることが多く、それをのせたにしんそばが名物となっている。

半生干しに味噌をつけそのまま食する北海道の食べ方があり、鰊漬け北日本で多く食べられており、鰊の昆布巻きは日本各地で広く食べられている。

歴史[編集]

北海道の日本海沿岸は江戸時代からニシン漁で栄え、海岸線は漁場経営のためいちはやく開拓された。すでに享保2年(1717年)の『松前蝦夷記』に、ニシンの加工品として「丸干鯡」(ニシンを内臓も取らずそのまま干し上げたもの)、「数の子」、「白子」などと共に「鯡身欠」が記載されている。春に水揚げされたニシンは番屋などで干物や鰊粕に加工され、内地に流通(北前船を参照)させることで、蝦夷地開拓の資金源の大きな助けとなった。一方、内地に渡来した身欠き鰊は、保存に便利なタンパク源として各地に流通した。京都では身欠き鰊の煮物が京料理の名物となっているが、各地の山村で身欠き鰊が煮物や鰊漬けなどに加工され、伝統料理として定着している。

製造方法[編集]

明治大正時代のニシン漁場では、ニシンをさばいて加工する作業を「鰊潰し」と呼んだ。

まず、水揚げしたニシンをロウカと呼ばれる板倉に収蔵する。数日間たてば魚肉が軟化し、カズノコが固まって加工しやすくなるので、テックビ(指袋)をはめた手でえらを開いて腹を裂き、内臓とカズノコ、白子を抜き取る。内臓を抜き取ったニシンがある程度溜まれば、で22,3匹ずつ結束する。このように縄でまとめた鰊の束を「連」と呼び、50か51連で「1本」と呼ぶ。2人がかりで処理するニシンの量は、1日で8本(約9千匹)が目安とされた。ちなみにニシン漁場では、私娼を「七連」(ななつら)と呼んだ。彼女たちは身欠きニシン7連分の金額で買えるからである。

縄に繋いだニシンを2日ほど納屋に干し、サバサキリと呼ばれる薄刃の包丁で尾から頭に向けて開き、さらに2週間ほど乾燥させて完成させる。100本を樹皮で結わえたものを1束とし、24束を1梱にして秋田県山形県新潟県など東北、北陸方面に出荷する。ニシン潰しの際に出たカズノコは干し上げたのち食品として出荷し、白子や笹目は北陸方面に肥料として出荷する。

ニシン干場の土壌には大量のニシン油が滲み込んでいるため、春以降は畑として利用された。

現在ではよく洗ったニシンを機械干しし、加工しやすい程度に水分が落ちた時点で三枚におろし、再度送風による機械干しにする。1週間程度乾燥させたところで、頭などを落とし成形し、1ヶ月程度倉庫で熟成させる。ニシンは脂分が多い魚で、内部までゆっくり乾燥させないと腐ってしまうため技術が要求された。寒風が吹く北国に向いた特産物である。

参考文献[編集]

  • 『北海道の生業2 漁業・諸職』明玄書房 昭和56年

関連項目[編集]