足柄駅 (静岡県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
足柄駅
駅舎
駅舎
あしがら - Ashigara
駿河小山 (4.3km)
(6.6km) 御殿場
所在地 静岡県駿東郡小山町竹之下4011
所属事業者 東海旅客鉄道(JR東海)
所属路線 御殿場線
キロ程 28.9km(国府津起点)
電報略号 アラ
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
487人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1947年昭和22年)9月15日
備考 駅員無配置駅
構内
ホーム
駅前風景

足柄駅(あしがらえき)は、静岡県駿東郡小山町竹之下にある、東海旅客鉄道(JR東海)御殿場線である。

概要[編集]

小山町の足柄地区に位置する駅。1903年(明治36年)1月に足柄信号所(信号場)として開設され、戦後の1947年(昭和22年)9月に足柄駅に昇格したという経緯を持つ。

開設時は現在の御殿場線は東海道本線の一部であったため、この信号所は東海道本線の信号所として機能していた。1934年(昭和9年)12月に丹那トンネルが開通し東海道本線のルートが熱海経由に変更されると、御殿場を通るルートは御殿場線として分離された。信号場のあった足柄地区の住民は鉄道が本線から地方路線に格下げされたのを好機ととらえ、駅の新設運動を開始したという[1]。運動の結果、信号場は駅に変更された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を持つ地上駅。ホームの西側が上り列車が発着する1番線、東側が下り列車が発着する2番線である。

ホームの北端に繋がる構内踏切で1番線を渡った先に駅舎が置かれている。無人駅であり、管理駅御殿場駅が当駅を管理している[4]

足柄駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 御殿場線 上り 松田国府津方面[5]
2 御殿場線 下り 御殿場沼津方面[5]

利用状況[編集]

「静岡県統計年鑑」によると、1日の平均乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1993年 809
1994年 786
1995年 763
1996年 698
1997年 581
1998年 617
1999年 630
2000年 614
2001年 不明
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年 521
2011年 470
2012年 487

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

富士急行の路線がある。

隣の駅[編集]

東海旅客鉄道
御殿場線
駿河小山駅 - 足柄駅 - 御殿場駅

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 原口隆行 『鉄道唱歌の旅 東海道線今昔』 JTB、2002年、56・57頁
  2. ^ a b c d e 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編2』 JTB、1998年
  3. ^ a b 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編1』 JTB、1998年
  4. ^ 東海旅客鉄道編集 『東海旅客鉄道20年史』 東海旅客鉄道、2007年
  5. ^ a b 駅掲示用時刻表の案内表記。これらはJR東海公式サイトの各駅の時刻表で参照可能(2011年1月現在)。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]