足による投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

足による投票(あしによるとうひょう、英:vote with their feet)とは、社会学用語である。

概要[編集]

住民が、自分にとって好ましい行政サービスを提供してくれる地方公共団体の地域に、住所を置く形で選択することによって、地方公共団体の納税収入等が変動し、地方自治体間の競争メカニズムが発生するという理論である。

従来の公職を誕生させるために、選挙で投票する「手による投票」に対する言葉であり、1956年チャールズ・チボー英語版が提唱した。

関連書籍[編集]

  • 持田信樹「財政学」(東京大学出版会)
  • 林正義、小川光、別所俊一郎「公共経済学」(有斐閣)

関連項目[編集]