趙麟徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
韓国の旗 韓国
男子 柔道
オリンピック
2000 シドニー 81kg級
1996 アトランタ 78kg級
世界柔道選手権
1999 パリ 78kg級
2001 ミュンヘン 81kg級
1999 バーミンガム 81kg級

趙麟徹(チョ・インチョル、: 조 인철: Cho In-Chul1976年3月4日- )は韓国出身の柔道選手。階級は81kg級。身長180cm[1]

人物[編集]

1995年のユニバーシアード決勝ではポイントの取り合いの末に窪田和則裏投で敗れたが、その際に礼をせず、相手との握手も拒否してそそくさと畳から立ち去った。1996年のアトランタオリンピックでは尹東植を押しのけて代表となるが、準決勝で古賀稔彦に警告と巴投で有効を取られて敗れた。この試合では寝技の攻防の際に古賀の手に噛み付いたという[2]。この時もまともに礼をせず、さらに相手と握手もせずに畳から立ち去る態度を取った。1997年の世界選手権では決勝でフランスのジャメル・ブーラを技有りで破って優勝した。1999年の世界選手権では3位に終わった。2000年のシドニーオリンピックでは決勝で瀧本誠袖釣込腰で有効を取られて敗れたが、この際にはきちんと礼をして相手との握手に応じた。また、表彰式では優勝した瀧本に対して拍手も送った。2001年の世界選手権では、決勝でエストニアのアレクセイ・ブドリン掬投で破って2度目の優勝を果たした。

引退後はスポーツ心理学で博士号を取得して、現在は龍仁大学校の教授を務めている。

主な戦績[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Jo In-Cheol Biography and Olympic Results
  2. ^ 「独占ロングインタビュー 古賀稔彦」近代柔道 ベースボールマガジン社、1996年11月号、3項-9項

外部リンク[編集]