趙明禄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
趙明禄
各種表記
ハングル 조명록
漢字 趙明祿 / 趙明錄
発音 チョ・ミョンロク
英語表記: Jo Myong-rok
テンプレートを表示

趙 明禄(チョ・ミョンロク、1928年7月12日 - 2010年11月6日)は、朝鮮民主主義人民共和国軍人政治家朝鮮民主主義人民共和国国防委員会第一副委員長、朝鮮人民軍総政治局長、朝鮮労働党政治局常務委員、同党中央委員会委員を歴任。朝鮮人民軍における最終階級は次帥

経歴・人物[編集]

ホワイトハウスにてビル・クリントンと握手する趙明禄(2000年10月)

中国の吉林省延吉出身。

最高人民会議常任委員会委員長である金永南が政治上のナンバー2であるのに対し、趙明禄は軍事上のナンバー2とされた。空軍出身。金日成の抗日パルチザン部隊に少年兵として参加した革命第一世代で、金正日の生母である金正淑に近かったこともあって金正日に信頼され、全てにおいて軍事事業が優先される「先軍政治」が行われるようになってからは、金正日の後見人として大いに発言権を増した。

保衛司令官元応煕とは親交が厚く、1992年に起こった北朝鮮クーデター陰謀事件の際には空軍将校数名を粛清から守った。

晩年は健康上の問題を抱え、闘病生活を送っているとされ、またフランスパリの病院で治療を受けたこともある。

軍事パレードの時には、常に金正日総書記の右隣にいたが、2010年9月28日朝鮮労働党代表者会議や同年10月10日のパレードには姿を見せなかった。代表者会議では政治局常務委員に選出されたが、約1ヶ月後の11月6日に心臓病のため死去[1]。82歳没。国葬では葬儀委員長に金正日自ら就任し、葬儀委員が100名を越える異例の扱いとなった。

経歴[編集]

出典[編集]